1ヶ月前に、急に左下の奥歯辺りが歯が痛み出した。

ものを噛んでも痛くないが、冷たいものと熱いもの、どちらも染みて痛い。

知覚過敏と思っていたが、耐えられず3週間前に歯医者に行ったら、歯槽膿漏で骨が溶け、歯茎がだんだん後退し、神経が露出?しているためと言われた。

膿のようなものは出たことがないので、歯槽膿漏と言われて意外だったが、血が出るのも歯槽膿漏だという。

確かに、ストレスが強い時期、歯を磨くと血が出ることがあったが、これだったのか。歯茎の後退も前から気にはなっていたし・・・

診察のため、風を当てるだけでも痛むので、神経を抜くしかないという。

そして、治療が始まった。先ずレントゲンを撮り、麻酔を打ち、歯をドリルで穴を空け、神経を抜いた(切断した)。

2回目と3回目の通院では、針のような器具で掃除をしている。

掃除をするたびに、神経を触るためか、その後数日間、ものを噛むと痛むのは困りものだ。

とりあえず、昨日の掃除以降は痛みが出ていないので、良かった。

神経の傷が修復すればかぶせをして完了なので、完治が待ち遠しい。