17日(水)
●メニュー
  • 通勤ラン(往路:4.3km、復路:5.6km)
  • 9.9km、1時間9分31秒(キロ7分1分)

●メモ

  • 疲れが抜けず、とうとうキロ7分台になった。
  • そのうち抜けるだろう。

16日(火)
●メニュー
  • 通勤ラン(復路のみ)
  • 5.6km、38分39秒(キロ6分54秒)
●メモ
  • 往きの徒歩通勤では体調の悪さは感じなかったが、帰りに走り出してみると身体や脚の重いこと。
  • ペースを落とし、大転子で着地する感覚を大事にする。
  • かろうじてキロ6分台。

15日(月)
●メニュー
  • 札幌市平岸プールで水泳練習
  • 板なしキック50m×5本(息継ぎ正面1、左呼吸2、右呼吸2)
  • サイドキック25m×10本(左2、右2、左右切り返し6)
  • 6ビート25m×10本(左呼吸5、右呼吸5)
  • 2ビート50m×5本、2ビート500m×1本
  • 1,500m、70分
●メモ
  • サイクリングの疲れがひどいので心配だったが、今日もいい練習ができた。
  • 息継ぎのローリングは、グライド側の肘を前に出しながら腹を引っ込め腰を伸ばす。
  • この要領でサイドキックもその切り返しも好調。
  • サイドキックでは、下半身が腰にぶら下がっている感覚を大事にする。
  • 6ビートは上記のローリングの要領で好調。
  • 2ビートは、脚の軸を意識すること。
  • あと、呼吸時のプルで早く掻いてしまう癖があるが、ここをゆっくり通しながらゆっくりローリングをすると、無駄な力を使わなくて済む。

13日(土)
●メニュー
  • 藻岩上の橋、水穂大橋、ランニング
  • 19.8km、1時間50分30秒(キロ5分35秒)
●メモ
  • 走りだしから調子の良さを感じる。
  • 最近気を付けているフォームで走るがウィンドーで確認すると右の腰が遅れているように見える。
  • 思い切って、ニュートラルポジションを左向き気味にする。
  • 最近は左の大転子を支点にする動作を心掛けているので、脚の切り返しがスムーズになった気がする。
  • その証拠にピッチが速くなり持続力が上がった気がする。

12日(金)
●メニュー
  • 通勤ラン(往路のみ)
  • 4.3km、28分54秒(キロ6分43秒)
●メモ
  • 調子は良かったように思うがペースが上がらない。

11日(木)
●メニュー
  • 通勤ラン(往路:4.3km、復路:5.6km)
  • 9.9km、1時間4分51秒(キロ6分33分)

●メモ

  • 体調はそれほど悪いと思わなかったが、ペースは遅かった。
  • 引き続き、左の大転子に荷重をかけるため、左脚は途中でストンと落とす。
  • 右脚は大臀筋を伸ばしつつ鼠径部の右側を前に差し出す。
  • 丹田は引っ込める。
  • 普通に立っている時の姿勢も変わってきた。

10日(水)
●メニュー
  • 藻岩上の橋、ランニング
  • 13.8km、1時間23分53秒(キロ6分5秒)
●メモ
  • 休暇を取ったので長めに走る。
  • 軽めのペースで、左の大転子と右の大臀筋への意識を徹底する。
  • 終始調子よかった。

9日(火)
●メニュー
  • 通勤ラン(往路:4.3km、復路:4.9km)
  • 9.2km、59分32秒(キロ6分28秒)

●メモ

  • 帰りは肉屋に寄ったので距離が少し短い。
  • 左の大転子に荷重をかけて支点にするのが板についてきた。

8日(月)
●メニュー
  • 通勤ラン(復路のみ)
  • 5.6km、34分30秒(キロ6分10秒)
●メモ
  • 左脚の大転子を支点にする動作を歩くときも心掛けている。
  • コツは掴めてきた。

7日(日)
●メニュー
  • 札幌市平岸プールで水泳練習
  • 板なしキック50m×5本(息継ぎ正面1、左呼吸2、右呼吸2)
  • サイドキック25m×10本(左2、右2、左右切り返し6)
  • 6ビート25m×10本(左呼吸5、右呼吸5)
  • 2ビート50m×5本、2ビート500m×1本
  • 1,400m、65分
●メモ
  • 今日もいい練習ができた。
  • 6ビートでは、お腹の前に作った空間に乗り込むというよりも、丹田を引っ込めるイメージ
  • ストーロークは、肩から腕ごとプルをするのが発展して、肩甲骨から翼が生えていて、翼を操っているイメージ。
  • 丹田を引っ込めるのと翼を操るイメージで6ビート、2ビートともに快調。
  • 2ビートでは右側の息継ぎで急にローリングし過ぎて失速につながっていた。ゆっくりと軸を回す意識にしたら失速が収まった気がする。
  • おかげで、500mのタイムが12~13分だった。

6日(土)
●メニュー
  • 藻岩橋、水穂大橋、ランニング
  • 19.2km、1時間50分3秒(キロ5分44秒)
●メモ
  • 水穂大橋まで行くコースは頑張りすぎると後半が辛いので最初はゆっくり入る。
  • 丹田を後ろに押す意識に必要な動作を思い出す。腰椎から大臀筋にかけて脚の振り出しで伸ばす意識。
  • おかげで水穂大橋までは快調だった。
  • 大通に入ってからは店舗のガラスでフォームをチェックするが、やはり右側の腰が落ちている感じがする。
  • 右側の腰を意識的に上げるといいことを思いついた。
  • 左側の大転子を支点にして右脚全体を持ち上げること。
  • おかげで終盤も調子よく走れた。

5日(金)
●メニュー
  • 通勤ラン(往路のみ)
  • 4.3km、27分54秒(キロ6分29秒)
●メモ
  • 序盤調子が良くなってきたかと思ったら、内転筋への意識を忘れていた。
  • しかし、丹田を後ろに押す意識はできていたので、外脚荷重にはなっていない。
  • 外と内でバランスよく荷重されていたみたいで、動きが良くなったのかもしれない。
  • 外脚荷重にならないことに気を付けよう。

4日(木)
●メニュー
  • 通勤ラン(往路:4.3km、復路:5.6km)
  • 9.9km、1時間3分44秒(キロ6分26分)

●メモ

  • 昨日よりも脚は軽く感じたが、タイムは悪い。
  • 帰りも昨日より感じは良かったが、やはりタイムは悪かった。

3日(水)
●メニュー
  • 通勤ラン(往路:4.3km、復路:5.6km)
  • 9.9km、1時間3分26秒(キロ6分24分)

●メモ

  • 朝起きた時から原因不明の倦怠感があり走り出しも明らかに身体が重く30分以上かかるかと思っていたが、往路のタイムは昨日と数秒しか変わらなかった。
  • 帰りも身体が重かったが、円山公園まで下りてくると昨日と同様動きが良くなった。
  • 大腿部の振り角が大きくなると、鼠径部周辺にバネが出やすいようだ。

2日(火)
●メニュー
  • 通勤ラン(往路:4.3km、復路:5.6km)
  • 9.9km、往路:28分59秒、復路:不明

●メモ

  • ランニングは中3日だからか、往路の走りは軽かった。
  • 復路は4kmぐらいから調子が上がった。