先週の日曜日、黄金山の山開きに参加してきた。

仕事で行ったものなのでブログの対象にしないというのが自分のルールだけれど、こがね山岳会の方に花の名前をいろいろ教わったので、記録として残すことした。

しかし、日曜日は書く時間がなかったので、その日のうちに花の名前を忘れないよう画像のファイル名に追記しておいた。

結局、この1週間は忙しくて、ブログを書くのが1週間後となってしまった。

さて、黄金山は、石狩市浜益区にある山の形が非常に整った山。

国道451号の入口付近からの黄金山
IMG_9547

山開きの安全祈願祭を終えると、早速上り始める。

登山道入口付近では、早速イカリソウが出迎えてくれる。
P5190267(イカリソウ)

これを見たくて黄金山に来る人もいるそうだ。

旧道から上り新道を下ることになった。

ヒメイチゲ
P5190277(ヒメイチゲ)

ニリンソウ
P5190278(ニリンソウ)

葉っぱがトリカブトに似ているので、山菜として食べるためには、花の蕾が出てからでないと危ないとのこと。

シラネアオイのつぼみ
P5190280(シラネアオイ)

カタクリ
P5190281

オオカメノキ
P5190282(オオカメノキ)

イタヤカエデの新緑
P5190288

オオバキスミレ
P5190289(オオバキスミレ)

葉っぱが大葉に似ているところから由来してるとのこと。

オオサクラソウ
P5190290(オオサクラソウ)

満開のシラネアオイ
P5190291

勾配が増すと展望が良くなってくる。
P5190292

シラネアオイの白バージョン
P5190294

オオカメノキとツツジの競演
P5190295

ツツジの名前はわからない。
P5190297

岩壁の下をトラバースをして新道に合流する。
P5190304

偽ピークまできた。
P5190312

ミヤマキンポウゲ
P5190315

北側も南側も切り立っている。北側を見下ろしたところ。
P5190317

二等三角点がある頂上に到着。
P5190319

文字の部分は、この2~3日中にペンキで塗られてしまったらしい。

頂上が切り立っているので、南側には樹海が広がる。
P5190318

頂上一帯は岩稜で、東側の端まで踏み跡があるそうなので、行ってみることにした。

リッジの部分もあるそうなので、荷物は頂上に置いて空身で向かう。

端の部分が見えてきた。
P5190327

こんなところに桜が咲いていた。
P5190329

最後のリッジの部分まできた。
P5190331

なんとか端の部分に到着。
P5190336

P5190337

P5190339

さあ、頂上に戻る。
P5190340

無事頂上に戻り、下山を始める。

名前のわからない花
P5190344

すごいところにアズマギクが一輪。
P5190345

ハクサンイチゲ
P5190346(ハクサンイチゲ)

ミズナラの若芽
P5190350

ヒトリシズカ
P5190351(ヒトリシズカ)

サンカヨウ
P5190354(サンカヨウ)

下山では、だいぶ踏ん張ったので、前腿を酷使する

無事下山したが、翌日からのランニングには支障が生じることとなる。

もう少し景色がクリアーだと良かったが、去年は大雨だったことを考えると上出来かもしれない。

上った甲斐がある山だった。