ようやく作業が完了した。
P1060717

Wレバーは、サンツアーのGPX。
P1060721

このWレバーの優れている点は、6速又は7速仕様であるにもかかわらず、なぜかラチェットがエンドレスになっていて、9速のスプロケットでも使えること。

7速仕様のシュパーブプロはこのような仕様ではないので、これを発見したときは嬉しかった。

最近では小径車で使っていたが、小径車には単なるラチェットのスプリントに交換し、こちらに移殖した。

ディレイラーは、リヤが最後期のシュパーブプロ、フロントが初代サイクロン。
P1060710

リヤは、スプリントからシュパーブへのグレードアップ。

シフトメイトを使うと、何とかWレバーとリンクする。

以前、新宿のサイクルメンテナンスでこのフレームのエンド幅を130mmに広げてもらった時もシフトメイトを使用して、ブログに変態仕様と書かれたと思う。

これは、自分としては、紹介していただいて名誉に感じたものだ。

フロントは、カンパ・ベローチェからシュパーブプロに変更する予定だったが、動作が固かったため小径車で使用していたサイクロンを移殖した。

バーテープは、DEDAのシルバー。
P1060724

以前、前橋のタキザワサイクルのセールで買ったもので、確か500円。

ヘッドライトは、ミノウラのホルダーでハンドルバーの先に変更。
P1060714

ゴールデンウィークが明けたらサイクリングに出かけよう。