サイクリングシーズンに備えてロードバイクの整備やパーツ交換をしていたら、フロントバッグのアタッチメントが壊れているのを発見した。

破損に気づく前の状態
P9180158

ライトホルダーを付けるため、アタッチメントは、前から見て右に寄っている。

このパーツに不具合があり、バッグに重いものを入れて走行するとバッグが徐々にお辞儀してきてしまうのだ。

アタッチメント付属品であるステム下のバンドが原因なのだろうか?

エルゴパワーの交換のためバーテープを取っていたので、アタッチメントをいったん外してみることにする。

バンドをきつめにセットして装着してみるが、上から荷重をかけると再びお辞儀してしまう。

何度か同じ作業を繰り返しているときに、アタッチメントの向かって左側のボルトが右側よりも深くまで入っていくことに気づく。

アタッチメントを外して確認してみたら、破損していた。
P4060244

向かって右側
P4060242

向かって左側
P4060243

樹脂が割れてしまっていた。
P4060247

さて、これは困った。

オーストリッチのアタッチメントを再度買うか?

でも、ボルトをきつく締めると、また破損する心配がある。

じゃあ、リクセンカウルのものを買うか?

でもオーストリッチのアルミのフックキャリヤとの互換性がないし、リクセンカウルではフックキャリヤに当たる部品がバッグの付属品なので、すべて買い揃えないといけない。

オプションとして、フックキャリヤだけモンベルの製品を買う方法もあるが、送料がかかったり出費がかさむ。

なんかいい方法がないか?

ライトホルダーを装着するためハンドルバーにつけたミノウラ製のアルミクランプを見ていたら、ひらめいた。

このアルミクランプにはM5のキャップボルトが通るので、これをもう1つ買えば、フックキャリヤを固定できるのではないか?

そこで、先週末にDCMホーマックに行って使えそうな金具類を見ていたら、手ごろな値段のものがあったので買ってきて現物合わせをしてみた。

おっ、いけそう!

そうと決まれば話は速い。

アサヒの通販でアルミクランプとバーエンドに着けるライトホルダーなどを注文し、昨日の晩に手元に届いた。

ホーマックで買った金具とアルミクランプ。
P4060251

早速つけてみる。
P4060254

アルミクランプの上に頭が出ているボルトはハンドルバーにアルミクランプを固定するボルト。

以前は前面に出ていたが、アルミクランプのボルト穴を前向けると、このボルトが上側に出て作業性が良くなった。

ワッシャと金具をあててみる。
P4060259

最後にフックキャリヤを通してボルトで固定する。
P4060261

めでたく、しっかり固定できた。

オーストリッチのアタッチメントは樹脂製だが、ミノウラのアルミクランプは金属製なので、固定力はばっちり。

この固定力ならば、ミノウラやリクセンカウルの付属品ような、バンドやワイヤーは不要だ。

フロントバッグを通す。
P4060262

P4060264

ハンドルバーの上面とフロントバッグの上面がツライチで、大変好ましい。

また、以前よりもバッグとハンドルバーの間隔が狭くなったので、見た目も少し良くなったと思う。

ビフォー
P9180162

アフター
P4060266

上ハンドルを握っても、指がギリギリ入るので、キャリヤで指が圧迫されることもなさそう。

デメリットとしては、輪行時にバッグをワンタッチで外せないことと、フックキャリヤもハンドルについたままなので輪行袋に入れた時に少しだけ出っ張ること。

いずれにしても大したデメリットではない。

金具が錆びる心配があるが、ステンレス製もあったので、錆びてから考えればヨシ。

今回は、我ながらいい改造ができたと思う。

めでたし、めでたし。