小径車の整備は主要なパーツの掃除を終えたので、そろそろ大詰め。

今回はブレーキ。

リヤは、サンツアー・XCのSE
P1200232

これは、お気に入りのパーツ。

理由は、メーカーが今は無きサンツアーだし、ホイールの回転力を制動力に変換する画期的な機構になっている。

ドロップハンドルで使うと引きが重くて使いにくいが、フラットバーだと全く気にならない。

ただ、制動力が強いので、雨が降った後に使うと、ブレーキシューがやたらと減ってタイヤが真っ黒になるのが玉にキズ。

3年前に新品を装着したがシューが減って効きが悪くなったので、確かアサヒで買ったシマノのシューに交換したら効きが復活した。

フロントはプロマックス。
P1200228

効きは問題ないが、できればサンツアーかダイアコンペにしたいと思っていたら、ちょうどヤフオクでダイアコンペのカンチブレーキが出品されていた。

汚れていたので安く入手できてラッキー。
P1200219

シンプルグリーンで汚れを落としたら、きれいになった。
P1200221

ナットが錆びているので、ホームセンターで探してみよう。

チドリは現在使用中のものにするつもり。

これで交換パーツはそろったので、あとはタイヤとフレームをシンプルグリーンで汚れを落とせば組み立て作業に移行できる。

小径車が終われば、次はロードバイクだ。