ゴールデンウィーク前半、久し振りに、カミさんの実家がある中札内村に行くことになった。

札幌からバスで帯広に向かい、東京から飛行機で来るカミさんと落ち合う。

ポテトライナーの休憩ポイント、占冠PAにて。
IMG_6820

石勝線がすぐ横を走っていて、写真を撮った直後、特急が通っていった。
IMG_6818

帯広駅南口に到着。
IMG_6821

カミさんと落ち合う前に、駅前の「豚丼のぱんちょう」を偵察。
IMG_6823

長蛇の列を覚悟していたが、全然普通で拍子抜けした。

10年以上前に久し振りに来たときは、30人ぐらい並んでいたことを覚えている。

空港バスが到着してお店に行くと、順番待ちは解消していた。

豚丼は、松、竹、梅、華の順に肉の枚数が多くなるが、梅を選択。
IMG_6824

炭で焼いているだけあって、炭のにおいも加わって芳ばしい。

ご飯を食べたら、実家や親せきの家に行って過ごす。

翌日は、食べ歩き。

昼ご飯は、ランチョ・エルパソ。

帯広に住んでいた時に、よく来た。

ここはソーセージが美味しい店。

メインは、懐かしいフランクフルトスペシャルだが、名前はナポリタンスペシャルに変わっていた。

ソーセージの盛り合わせも注文する。
IMG_6837

あ~、これこれ、という感じ。満足の1品。

窓からふと外を見ると、隣には、ビート・ビア・ファクトリーの建物。
IMG_6835

ビートで作る地ビール?甘みがあるのかな?

調べてみると、エルパソの敷地内なので、エルパソが作っているようだ。

メニューにも、確かにあった。

腹ごしらえした後は、白樺通の六花亭ガーデンでお土産を買い、さらに六花亭の商売敵である柳月のスイートピアガーデンに。

ここでもお土産とか実家で食べる用とかを買い込む。

時間が少しあるので、ドライブがてら、グーグルマップで見つけた種畜牧場の展望台に行ってみる。

白樺並木。
IMG_6838

牧場
IMG_6839

この手前では、シャコタンのあんちゃんたちが写真を撮っていた。

この白樺並木の砂利道にシャコタン、ミスマッチな感じがいいのかな。

目的地の展望台は閉鎖中だったので引き返し家に帰る。

3日目はよく晴れた。

朝起きると絶景が待っていた。
IMG_6847

緑の丘の向こうには、十勝幌尻岳。最高の景色だ。
IMG_6845

小麦の緑がまぶしい。
IMG_6850

この畑はビートだった時の記憶しかないので、この日この時にここに来たのはラッキー。

そして、この日も食べ歩き。

まずは六花亭本店の喫茶室に行ってデザート。

昼ごはんに実家でインディアンカレーとコロッケとよもぎ餅を食べたばかりなので、腹に来るものは無理。

ということで、抹茶パフェ。
IMG_6859

近くのクランベリー(旧アンデルセン)でスウィートポテトを買って、早い夕食に。

鶏の伊藤で鶏丼。
IMG_6861

ここは来たことがないが、カミさんは独身時代によく来たそうだ。

胸肉の下には鳥そぼろが敷き詰められていて、癖になる味。

鶏の脂身が苦手な自分にはぴったりな料理だ。

夕食をすますと、十勝帯広空港に。

出発時刻まで余裕があったので、久し振りに幸福駅に行く。

愛国発、幸福行きの切符で有名になった駅。
IMG_6869

少し鉄ちゃんな自分としては、こっちが目当て。
IMG_6862

IMG_6865

IMG_6866

子供のころ、母親の実家に行く時に関西本線で乗った記憶がある。

当時は急行色(準急色?)だったと思う。

背もたれの詰め物が柔らかく後ろの人と背中で押し合いをしたので印象に残っている。

締め切り10分前にレンタカーを返却して空港まで送ってもらい、お母さんたちに見送っていただいて、無事機中の人となった。

飽食の3日間だったが、食べ歩きや景色などを楽しめてよかった。