今日は大濠公園で久し振りのインターバル走と決めていたが、朝起きたら予想に反して空気がクリアーで晴れ間が少し出ている。

だんだん晴れが広くなってきて、インターバル走をやると地獄を見ると思い、サイクリングにチェンジ。


出発は先週同様11時頃。

距離が短いので、4時間ぐらいで帰って来れるだろう。

早良街道を南下し、那珂川市方面に左折ししばらく行くと、いい景色になってきた。
P7300135

背振山のレーダードームも見える。

板屋峠方面に右折すると、田んぼの中を突き進む。
P7300137

緑が鮮やかで気分爽快。

気温は高く喉がすぐ乾くが、空気が澄んでいると気持ちいい。

板屋峠に抜ける道は、福岡市内と思えないような静かな峠道。

1時間余りでそんな峠道に行けるところに住んでいる現在の環境、恵まれている。

だいぶ上がってきた。
P7300143

ボトルのスポーツドリンクが空になり、水場を探しながら上る。

水量が多い谷は避けつつ進み、ちょうど良さげな小谷を見つけた。

地図で確認すると上流には何もない。

水温も低いので大丈夫と思い、水をがぶ飲みしボトルも満杯にしていく。

板屋峠に到着。
P7300145

P7300147

しばらく下ると、小さな集落があり、背振山頂上のレーダードームが見えた。
P7300149

頂上までは標高差が500mぐらいある。

思い切って行ってみようかとも思うが、脚が消耗しているしこの暑さなので、なかなか悩ましい。

ほどなく、頂上に向かう自衛隊道路の入り口に到着。
P7300150

この看板を見てほっとした。

年末の天気がいい日に上ることにしよう。

小さな田畑が現れた。
P7300151

ここから五ケ山ダムまでは、短いが気持ちのいいダウンヒルだった。

きれいな景色が飛び込んできたので、思わず立ち止まる。
P7300155

五ケ山ダムのダム湖まできた。

貯水率が低くなっていることは知っていたが、やはりだいぶ水位が下がっている。
P7300157

さっき見た橋の近くまできた。

普段は水没しているはずの枯れ木が顔を出している。
P7300162

有料道路の東背振トンネル方面に進む。

この時点では、五ケ山ダムをぐるっと回って那珂川市に下り、よもぎ庵に寄っていこうと思っていた。

トンネル手前で左折すると堤体が見えてきた。
P7300169

やはり水位が低い。

坂本峠への分岐
P7300171

もう2年も通行止めのままだ。工事の目途も立っていない。

湖岸から見る背振山
P7300175

腹が減ってきたので、一口羊羹でチャージする。

南畑ダムに向かう分岐点まできたら、急に五ケ山ベースに行ってみたくなってきた。

五ケ山ベースにはモンベルのお店があって、平日でも賑わっていると聞いていたので。

お店に入ってみると、当たり前だが普通のモンベル。

50リッターのザックが気になったが、結構値が張る。

ここまで来ると、那珂川市に下るとその後の市街地地獄が待っているのが嫌になり、板屋峠を上り返して帰ることにした。

早良街道は走りやすいし。

五ケ山ダムの残りの区間を進み、さっき写真を撮った対岸まで来た。
P7300176

背振山のレーダーも見える。
P7300178

板屋峠まではそれなりに上り返しがあり、ようやく峠に到着。
P7300180

この時点で、ボトルがまたもや空っぽに。

さっき水を汲んだ後、すぐ先にもっといい水場を見つけたので、そこで汲んでいくことにしよう。

27カーブが目印。
P7300181

この右側に、急こう配の小さな谷がある。水も簡単に汲めた。

途中、舗装が痛んでいる箇所があるので慎重に下る。

急に視界が開けたと思ったら、海まで見えた。
P7300184

下まで下ってきた。
P7300186

このあたりの水田地帯は気持ちがいい。
P7300193

天気が曇りがちになってきたが、すぐにカンカン照りに戻る。

途中、JAの直売所、じょうもんさんに寄って野菜を買い、帰宅する。

板屋峠は静かないい峠。前回よりも獲得標高が多く、いい発見をした。


走行距離:62.80km、経過時間:4時間28分、AVE:18.86km/h、グロス:14.1km/h、獲得標高:1,007m