現在街乗りで使用している小径車は、当初はサイクリングでも乗ろうと思っていたので、フリーはサンツアー・APのローギヤが24Tの7速を装着している。

しかし、この自転車でサイクリングに行くことはやめたので、見栄えをよくするためと、ギヤ比を大きくするために、自宅からクロスレシオのニューウィナーを持って帰ってきた。

現在のAPは、トップギヤが51×14Tなので、ギヤ比は3.64。

ホイールが20インチなので、脚が余るときがある。

ニューウィナーは13~21Tなので、ギヤ比は3.92。

ベランダに自転車を上げ、ホイールを外し、フリー抜きをセットする。
P1080215

フリー抜きの上にワッシャとナットをはめて、フリー抜きが動かない程度にゆるく締める。

以前、横着してフリー抜きを固定せずモンキーに力を籠めて溝をなめたことがあるので、その対策だ。

この自転車ではたいしてトルクをかけていないので、すんなり外れた。
P1080218

ニューウィナーをよく観察すると、刻印が打たれている。

PATENT-NWN
P1080219

SUNTOUR JAPAN
P1080221

NWN、カッコええ。SUNTOURも。

やはり顔が引き締まった感じがする。
P1080225

P1080226

あと、ブレーキワイヤーを左右入れ替えて、左フロントにした。

前後ともカンチだが、とっさの時に利き手の右手で強く握ってしまうので、走行中に急ブレーキでジャックナイフになったことがあるためだ。

ケガはなかったので良かったけど。

リヤはサンツアーXC-PRO-SEなので効きがいいが、ジャックナイフするほどではない。

走ってみて気づいたのが、フリーのラチェット音の感じがいいこと。

APは高めの音だったが、ニューウィナーは落ち着いた音。

ベアリングのボール同士が当たった時のような音で、上品な感じ。

ラチェットの幅が狭いような気がする。

トップギヤも少し重くなってスピードを上げやすくなったので、気に入った。

あと交換するとしたらクイックのついたハブ(サンツアー・サイクロン)ぐらいだが、ハブの交換は大仕事なので、当分は現状維持かな。