先週のマラソン大会で30kmの部に出たが、自分としては、ふがいない結果に終わったと思っている。

そのリベンジを果たすため、大濠公園の周回(1周約1,950m)で30kmをもう一度走ってみることを思いついた。

大濠公園まで走って行くと35km以上走ることになるので、往復は自転車で。

スタート付近の東屋に防寒具とドリンクを置き、準備運動なしでスタートする。

ペースは、前回と同じキロ5分ちょうど。

前回の大会の後は、翌日に水泳練習をやっただけで、その後は脚を休めているので、疲労は回復しているはずだと思ったが、1kmも走らないうちに30kmは無理と気づいてしまう。

となれば、最低20kmは走ることにして、もし余力があれば、少しでも周回を増やす方針に切り替えた。

5周目まではそれなりに調子が良く、寒いこともあって汗の量が少くて喉が渇かず、10km地点での水分補給は見送る。

しかし、200mごとにラップタイムをチェックしていたら、6周目あたりでペースが少し落ちた。

先週の二の舞かと頭をよぎったが、風の影響なのか一時的なペースダウンで持ち直した。

それでも、周回を重ねるたびに脚へのダメージが徐々に増していることを実感する。

8週目あたりから、呼吸が少しだけ荒くなり始めたが、9周目も何とか堪えてキロ5分は守った。

ペースを維持できるのもあと1周だと判断し、10周目はラストスパート。

18kmからの1kmが4分38秒までアップ。

19kmからもペースを維持して、なんとか10周(19.5km)をキロ5分程度で走り切ることができた。

結局、キロ5分のペースはハーフの大会ということを思い知ることとなってしまった。

そのため、フルマラソンだと、1割増ぐらいのペースとしてキロ5分30秒が妥当なペースだろう。

2月にフルマラソンを予定しているが、今回も良くてギリギリサブフォーかな。

この2年間、結構練習したつもりだったが、寄る年波には勝てないということか。

残念無念。

スピード練習を地道に積み重ねよう。

走り終えた後は、相棒の写真を撮りながら、ゆっくり帰る。
IMG_5115

IMG_5124


寒い1日だったが、練習内容は良かったので満足。