前にも書いたが、ストレッチ・ショートニング・サイクル(SSC)は、ランニングエコノミーにとって重要な技術だそうだ。

ずっと、アキレス腱で起こると思っていた。

アキレス腱でこのSSCを生み出そうとするとフォアフット着地が必要になると、誤解していた。

フォアフットは、アキレス腱への負担が大きいので、ふくらはぎをよく痛める自分には無理だと思っていた。

でも最近、鼠径部周辺にバネ感があることに気づいた。

それ以来、鼠径部周辺でバネを生み出すように意識して走っている。

ふと思い出したことが、股関節のストレッチで開脚して前屈するのがあるが、鼠径部両側に腱のような組織があること。

多分、これだ。ここでバネを生み出しているんだ。

太腿を振り出して着地するとき、太腿が前に出ているほど強いバネが生み出されるような気がする。

今日のインターバル走でも鼠径部のバネを意識してペースを上げたら、やはりいい感じだ。

かつては、ふくらはぎの蹴りで推進力を生み出していたため故障が多かったが、徐々に股関節周辺の筋肉を使えるようになり、そこに今回の気づき。

今日のインターバル走では重いシューズだったが、軽いシューズで走ってケガをしたときのタイムと遜色がなかったので、多分効果ありだと思う。

鼠径部の腱のような部分は痛めたことがなく強い組織だと思うので、今後が楽しみ。