ワクチンは新型コロナ対策の決定打とか、誰かは言っているが、大丈夫か?

ワクチンの副反応は大したことないと言われているが、突貫工事で開発されたワクチンは長期的な影響が検証されていないことはタブーなのか?

ノーベル賞の大村教授によって開発されたイベルメクチンが、なぜ治療薬として注目されないのか?

外国からはオファーが来ているというのに。

新型コロナは、そもそもインフルエンザよりも死亡率が低いし、治療薬さえ開発されれば、新型インフルエンザみたいにフェードアウトしていくのではないか?

何より不思議なのが、マスコミや学者は、ワクチンや自粛一辺倒で、人間に備わっている自己免疫システムの強化をなぜ宣伝しないのか?

今年はインフルエンザの感染者が極端に少ないと聞くが、それって、インフルエンザに感染しにくい人、インフルエンザに感染しやすい人がいて、これは前者は新型コロナにも感染しにくいし、後者は新型コロナにも感染しやすいからではないか?

言い代えると、普段ならばインフルエンザにかかるはずの人が新型コロナにかかってしまったので、インフルエンザの感染者が少ない、ということが言えるかもしれない。

話を戻すと、自分は、ワクチンよりも自己免疫システムの強化の方が重要だと思っている。

自己免疫力を強くする方法の一つとして多くの医師が勧めているのがビタミンD。

ただ、新型コロナに限っては、ビタミンDが不足している人は感染しやすかったり重症化しやすかったりするデータがあるらしいが、まだ研究が不足していて、ビタミンD摂取と新型コロナの関係を断定できるところまではいっていないらしい。

さて、このビタミンDだが、多くの人が不足傾向だそうで、鮭などの食品から補給できるが、太陽の紫外線を浴びれば身体の中で合成され容易に十分な量を得ることができるとのこと。

こうしたことを踏まえると、夜の街で感染者が多数出た原因は、業界に夜型生活や偏食によりビタミンDが不足している人が多いということかもしれない。

また、芸能人に感染例が多いのも、職業柄、外にあまり出ないことが原因と言えるかもしれない。

さらに、冬に感染者が増えるのは、日が短くなって日光を浴びる機会が少なくなることも、理由の一つにあるのかもしれない。

自分は専門家でないのでこれらの考えが当たっているのかどうかはわからないが、ビタミンDが自己免疫力を強くするのは確からしいので、新型コロナ対策としてやる価値はあると思う。

大してコストはかからないし。

「屋外スポーツや散歩をしてビタミンDを体内合成し、コロナに打ち勝とう!」とか取り上げてくれないかな。

ワクチンに頼りすぎると、また、自粛ばかりしていると、取り返しのつかないことになると思う。