懸案だった小径車のリヤブレーキ。

センタープルブレーキにしたものの、3か月経っても、効きが一向に改善しなかった。
PB290818

効きが悪い原因は、ブレーキシューをアーチの端にセットしても、シューの面がリムにフラットに当たらなかったからだ。

今回は、リヤブレーキをサンツアーのXC-PROに交換するのがメインテーマ。

そして、ついでにブレーキレバーとフロントブレーキも交換する。
PB290814

ブレーキレバーは、ダイアコンペのMTB用を安く入手した。

フロントブレーキは、リヤのカンチ、サンツアーXC-PROの色に合わせて、前回使用していたプロマックスのブラック。

あと、チドリは、5mmアーレンキーと10mmボックスレンチが使用できる調整しやすいタイプを用意した。

まずは、ブレーキレバーを交換し、フロントのカンチをシルバーからブラックに交換する。

交換前
PB290815

交換後
PB290822

次はリヤブレーキ。

交換部品
PB290824

XC-PROのパーツをセンタープルに流用している。

元の状態に戻す。
PB290826

アウター受けは、シートピンの部分から、シートステーのブリッジに移行した。

交換作業は意外と簡単だった。
PB290827

カンチ本体とアーチワイヤーの角度は、本当は直角にしなければならないが、アウター受けのパーツがあるので、これが限界。

完成
PB290829

ハンドルバー
PB290833

少し乗ってみたら、当たり前だが、ブレーキがよく効く。

ブレーキレバーもすごく握りやすく、力が入りやすい。

これで急停止もできるようになった。

ペダリングの時にかかとがカンチ本体に当たることがあるが、前のプロマックスに比べると、マシな状態。

これで小径車の見た目と操作性が向上した。

これで、小径車には手を加える箇所がなくなった。

満足、満足。