今回自宅に帰った時に、前に使用していたマナバウンスで走ってみて、ソーラーグライドがいかに優れているかがわかった。

マナバウンスとソーラーグライド
PB040565

マナバウンスを買ったきっかけは、その以前、バウンスでないマナを使用していて気に入っていたからだ。

マナの在庫品が手に入らなくなり、名前が似ているからいいかと思ってバウンスモデルを使ってみたが、どうもイマイチ。

その大きな理由は、サイズが合っていなかったこと。

前足部がワイドなモデルなので、普通の時は楽だが、走ると靴の中で足先が遊んで余計な力が必要になる。

松本マラソンで使用した時は、走法が悪かったこともあるが、ふくらはぎに過度な負荷がかかり、辛い思いをした。

これを使う以前には前足部が標準サイズのものも使用したことがあり、そちらは不満はなかったが、このシューズを買ったのは失敗だった。

なので、マナバウンスは自宅に帰った時用にしていたが、ソーラーグライドと履き比べて、大きな違いを発見した。

マナバウンスは、前足部の屈曲性が良すぎることだ。

ソールのゴムが柔らかめなのと、ソールのパターンも屈曲しやすいように見える。

前足部に遊びがあるうえ屈曲しやすいため、多分、ふくらはぎに過度な負荷がかかることとなり、脚を少し傷めたのではないかと思う。

その点、ソーラーグライドは、前足部がしっかりしていて、足指にも体重は載せるが足裏全体で地面を押し付ける今の走法に合っている。

こうして考えると、ブーストモデル以外を受け付けない脚になってしまったのではないかと不安になってしまう。

また、ストックしておかないと。