昨日は小径車のレストアと書いたが、念のためにレストアの定義について調べてみたら、新車に復元するというような意味らしい。

自分がやろうとしているのはレストアではなく、自分好みに組み替える、その過程でフレームのレストア的な作業も行うといったところ。

今回のパーツ交換は最終形を意識したものでなく、軽量化と見た目向上が目的だ。

今回交換するパーツ
P4190002

クランクはスプリント、BBはベローチェ、チェーンはカンパの9速用、リヤメカはシュパーブプロ(プーリーはスプリント)、サドルはコンコールライト。

リヤメカ、クランク、BB、ブレーキ、サドル、の順で作業を行ったが、てこずったのがBB。

BBはカートリッジ式の汎用品で、シマノの工具で抜こうとして右ワンから着手したが、外れる気配ががない。

当初は正ネジと勘違いしていて外れなかったのは当然だが、すぐに逆ネジと気付いて逆方向に回そうとしたがびくともしない。

仕方ないので左ワンに方針転換し、渾身の力をこめると何とか外れた。

気をよくして右ワンに戻ったが、やはり外れない。

タイヤが力を吸収するような気がしたので、自転車を倒立させて力をこめる。

力を伝えやすくなったが、工具が外れてしまう。

ここで思案。

フリーを抜く時のように、クイックでフリー抜きを固定するのと同じような状態を作れればいいのではないかと。

そこで、BBの軸にクランクのボルトを通しBB抜きを押さえようとしたが、BB抜きが大きすぎて固定できない。

大きなワッシャを間にかませればいいのだけれど、そんなのはないので、代用品としてスパナの刃をかませてみたら何とか固定できた。

その上で、グイっと力を入れると、右ワンは意外とすんなり外すことができた。

これでBB交換作業は終わったも同然。

外したBBはゴリゴリ感があった。

ベローチェのBBはすんなりとねじ込むことはできなかったが、ネジ山をつぶさないように注意して何度かチャレンジしたら上手くいった。

次は、チェーンを張ること。

チェーンはミッシングリンク付きで保管してあったので、そのままつないでかけてみたら、長さを調整することなくピッタリ。

次はリヤメカの調整だが、ロードで使用した時のままだったので、ローまでチェーンを上げたら行き過ぎてフリーとスポークの間にチェーンを落としてしまう。

力ずくで取ろうとしたが取れずチェーンを切るしかないと思っていたら、ミッシングリンクの部分は落とした箇所から離れていたので、いったん外してみたらすんなり救出することができた。

リヤメカをアジャスターで調整して再度調整する。

サンツアーのアキューシフトとシマノのSISはピッチが若干異なるのか、チェーンがフリーの歯に若干干渉するが、街乗りならば気にならないレベルにはなった。

あとはフロントブレーキワイヤーの交換。

ケーブルガイドが折れ曲がっていて抵抗になっていたので交換する。

パワーモジュレーターなしのものを使うが、Vブレーキはガツンと効くし車輪が小さいので、利き手である右手でブレーキをかけたときに前輪がロックして前転するかもしれず、ブレーキワイヤーは後ろと前を逆にした。

あとはスタンドを交換して作業終了。
P4190004

この状態で、重量は11.3kg。

700gの軽量化になった。

駆動系
P4190006

ワイヤー回り
P4190008

ハンドルが近かったので、ステムを緩めてバーを前に送ってみたら、ちょうどいい距離感になった。

一つ忘れていたのがリフレクター。

元々ついてなくて、自宅に寄った時にリフレクターを持ってきたが着け忘れてしまった。

簡単に着くので、次乗るときに着けよう。