午後に時間ができたので、エルゴパワーのリヤ側をブレーキレバー化した。

このエルゴはケンタウルの10Sで、何年も前にイーベイでヤフオクの相場よりも格安で手に入れたもの。

リヤ側がジャンクとのことだったが、ちょっといじったら直った、と思っていた。

しかし、分解してみると、ジャンクの原因がわかった。

分解したスモールパーツ
P2020003

そう、EC-RE209という小さなスプリングが折れていたのだ。
P2020004

エルゴパワー分解図

早速検索してみたら、通販サイトでまだ在庫があるようなので、手に入れることにしよう。

これで、左右が揃った。
P2020014

P2020010

あとは、自宅に帰った時に、スペアーのラバーを持って来れば、やっと交換することができる。

問題は、リヤをWレバーとするのか、それとも使用中の9Sのエルゴを使うのか。

ここは思案しどころだ。

いったんハンドルに着けると、バーテープを剥がさないといけなくなるからなぁ。

さあ、どうするか。