今日時間ができたので、エルゴパワーのブレーキレバー化に再挑戦した。
210002

前回は、ブレーキレバー部分を外してからでないとシフトレバーを外せないことがわかり、諦めた。

しかし、ネットでちょっと検索したら、すぐに答えが出た。

通常は、エルゴ本体を万力等に固定して、ブレーキレバー支点部分のピンをポンチ等で打ち出す。

その代わりの方法として、特大モンキーレンチを少し開いてその上に本体を置き、ボルトやアーレンキーを使って金槌で打ち出すというもの。

早速試してみたら、あっけなく外れ、無事完成。
1260004

しかし、問題もあった。

その1

ネットで紹介されていた方法は、本体のラバーを外してから作業するとされていたので、外そうとしたら無理をしてしまい、かなり切れてしまった。
1260006

その2

分解の過程でいろいろといじくってしまったため、シフトレバー部分がなかなか外れなかったのだ。

理由は、図のEC-RE137のスプリングが引っかかり、レバーの軸(EC-RE056)が抜けなかったこと。
エルゴパワー分解図

無事解決してよかった。

今度自宅に帰った時に、ラバーのスペアを持ってこよう。

分解の要領がわかったので、エルゴのリヤ側もすぐできるだろう。

やっと見通しがついた。