愛車のクロモリロード、現在はサンツアー・GPXのWレバーで変速していて、サンツアー・スプリントのリヤディレイラー、カンパの9Sスプロケットをシンクロさせている。

Wレバーは夏から使用を再開したが、フロントは圧倒的にスムーズだし、リヤも一気にシフトアップするときは思ったところに一発で決まる。

そこで、エルゴパワーのシフト部分を外そうと試みた。

9速のケンタウルは現在ハンドルに装着中だし、壊してしまうと困るので、自宅に保管してあった10速のケンタウルを持ってきた。
PB090014

PB090016

イーベイで、リヤが変速不能のジャンク品として入手したものだ。

これなら壊れてもブレーキレバー部分は生きるので、さっそく分解してみた。

裏側から分解し始め、シフトアップの時に親指でプッシュする部分まで外した。

シフトダウンのレバーを外そうとしたら、ブレーキレバー部分を外してからでないとできないことに気が付いた。

そこでブレーキレバーの支点になっているピンを抜こうとしたが、これが問題。
YOUTUBE

レバーを固定していないし専用の工具でもないので、ピンは1mmぐらいずれたが、それ以上は無理だった。

あっけなく断念となった。

似たような工具をホームセンターで探してから、ハンドルに着いた状態で再挑戦しよう。