昨日の午後、天気予報を見たら、土曜日は移動性高気圧に覆われて、穏やかな晴れ!

フルマラソンの1週間前は、普段はおとなしくしているが、今回は脚の故障でタイムは期待できないので、サイクリングに行くことにした。

こんな晴天を逃すと、絶対に後悔する。

沼田方面が続いているので、趣向を変えようと考えていると、旧碓氷峠を思い出した。

ここは一度行っているが、天候がイマイチで、展望が良くなかったのだ。

そうと決めたら、後はアプローチ。

今まで行ったことのない和美峠にした。
和美峠、旧碓氷峠(90km)

出発は、午前8時50分。

大渡橋からの景色は、今日のサイクリングの成功を約束してくれたようなものだ。
P4130001

苗場山方面、仙ノ倉もクッキリ。
P4130004

最短ルートでR17に出たはいいが、安中方面に行くのを忘れ、そのまま高崎に向かってしまう。

しかし、結果オーライで、1年前に長野から前橋に転勤するときに泊まったホテル付近に出てきた。

上越新幹線のガード横にあるビジネスホテル・ホリディドゥ。少し懐かしい。
P4130007

安くあげるため訳あり部屋ということで、素泊まりで3,000円。

エアコンが故障しテレビもないとのことだったが、4月だったので、全く問題なし。

ここでスマホを確認し、道を間違えたことに気付き、高崎に入らず安中に向かう道に入る。

烏川に出たところでは、桜が満開だった。浅間山も見える。
P4130013

烏川を渡り低い丘を越えると安中市街に入る。

碓氷川を渡るところでは、妙義山が全貌を現す。
P4130015

R18は交通量が多く退屈な道で、途中セブンに寄って、おにぎりと唐揚げ棒で補給する。

松井田付近まで来ると景色も良くなってくる。

コメリ向かいの駐車場からの妙義山。圧倒的。
P4130017

横川が近づいてきた。
P4130020

この辺りの桜も満開で、去年の4月に軽井沢から走ってきたときと同じぐらいの開花状況なので、去年より10日ぐらい遅れということか。

信越本線との並走区間なので「電車が来たら絵になるか」と思ったが、銀色の車体じゃイマイチかなと思い、10分後に電車が来るが待つのは止めた。

鉄道文化むら
P4130022

横川からは碓氷バイパスに入り、途中で和美峠に向かうK92に左折する。

結構静かな道。
P4130023

谷筋に入ると、しばらくすると左手に岩峰が見えてきた。
P4130024

さらに進むと全貌が見えた。

菱形の岩が山に乗っかってる感じ。
P4130030

開けたところに出ると、今度は大きな岩山が現れた。
P4130033

さらに進む。ホッとする風景。
P4130037

九十九折りが始まり、比較的緩い傾斜で進んでいく。

さっき見た岩山が、デーンと現れた。
P4130039

高岩というらしい。

暖かくて景色も良いので、腰を下ろして休憩することにした。

補給食のリンゴデニッシュを食べながらネットで検索してみたら、高岩は、どうやら脆い岩のようで、岩登りには向かなさそう。

九十九折りも終え、そろそろ峠かなぁと思っていたら、急に景色が変わった。

上信越道だ。
P4130041

なんか、現実の世界に引き戻された感じ。

高速の入口の交差点を渡って振り返ると、高岩。
P4130043

見る方向が変わると、岩の様相も変わる。

センターの溝が、ネットで紹介されていたチムニーだろうか?

ここから峠はすぐかなぁと思っていたが、裏腹に勾配が上がり、結構きつくなってくる。

道ばたの残雪もだんだん増えてくる。

下仁田からの道と合流すると、後は緩い勾配の巻き道。

南側の景色が開けた。2~3日前の雨の時、山には結構雪が降ったんだろう。
P4130047

和美峠に到着。峠の表示がないのは残念。
P4130052

と思ったが、その先の県道標識に、ちゃんと和美峠と書かれていた。
P4130054

景色が開けた。
P4130055

この感じ、いいなあ~。

スギやヒノキの中を走ってきて、峠を越えると、突然カラマツ林。

長野県に来たなぁ。しみじみ感じた。

ちょっと進むと、浅間山。
P4130058

浅間山は、前橋の大渡橋からも見えたが、前橋からは三角形の形のいい山。

見る方向が変わると山の形も変わる。浅間山の良いところかな。

さっき高岩の前で菓子パンを食べたが、もう腹が減ってきた。

軽井沢に入る前にセブンで唐揚げ棒を食べようと思っていたが、見落としたのか、補給なしで軽井沢に来てしまった。

コンビニぐらいあるだろうと旧軽井沢まで来たが、コンビニは見当たらず。

景観保全に厳しい街なので、コンビニは少ないのかなぁ。

旧軽井沢から見晴台に行く道に入ろうとしたら、すごい人出。
P4130060

これでは自転車での通行は無理なので、少し迂回して人通りが少ない場所に出る。

市街地を過ぎると山道に入るので、非常食の一口羊羹を食べてエネルギーを注入する。

前に来たときも結構きつかった覚えがあるが、今回は前回以上にきつく感じる。

立ち漕ぎじゃないと越えられない坂が3~4回出てきた。

結構堪えて、何とか足付きなしで、熊野皇大神社や見晴台のある旧碓氷峠に到着。
P4130062

神社にお参りしていく。
P4130061

P4130063

門をくぐるとき、ふと目を足下に落とすと、ちょうど県境。
P4130065

本殿前に進むと、本殿も県境に跨っていて、賽銭箱は長野県のものと群馬県のものが並んで置かれていた。

お祈りするときの大きな鈴も2つあったので、両方振ってお参りする。

お参りを終えると、今度は見晴台に向かう。

雪道の中を自転車を押していき、少し上っていくと展望が開けた。

見晴台からの風景
P4130069

こちら側から見る妙義山も荒々しい。当たり前か。
P4130071

西毛地方の山々
P4130073

展望台まで上がり、右に振ると八ヶ岳。
P4130074

展望台の表示には富士山があったが、確認することはできなかった。

さらに右に浅間山。
P4130077

展望台の広場に戻り、県境でも記念撮影。
P4130080

帰りも押していく。
P4130081

車道に出ると、すぐに左折して、直接碓氷峠に向かう町道に入る。
P4130083

この道、結構気持ちのいい道で、カーブが多いので浅間山が見えたり見えなかったり。

除雪されているおかげで安全に下っていける。
P4130085

ずっと林の中で展望が開けなかったが、1箇所だけ木のない場所があった。
P4130089

さらに下ると軽井沢の街が見え始め、R18にぶち当たったところが碓氷峠。
P4130093

峠からは、結構怖かった。

しばらくの間は、滑り止めの砂が乾いた路面に乗っていて、徐行が続く。

半分ぐらい下った辺りで砂も少なくなる。

道沿いにはアプト軌道の旧信越本線の単線が出始めるが、最近気になっていたのが、複線化された旧信越本線。

衛星写真では、この国道沿いからも確認できるみたいなので、注意深く下っていく。

あった!
P4130099

歩いて中に入っていくと、トンネルが並んでいるのが確認できた。
P4130097

しばらく行くと、またあった。
P4130100

これで懸案も無くなった。

後は下るだけ。

おきまりの眼鏡橋
P4130102

横川駅まで下ってきたのが、ちょうど15時。

電車の発車時刻を見ると、15時10分発。

輪行作業に間に合わないわけではないが、慌ただしいので、16時2分発の電車に乗ることにして、行きに見つけた農産物直売所に寄っていくことにした。

旧街道に戻ろうとすると、歴史を感じさせる建物がある。

よく見ると、峠の釜飯の、おぎのやだった。
P4130105

旧街道沿いから国道に戻り、西松井田の手前の直売所に寄っていく。
P4130107

弁当の定番メニューにしているカボチャをまずゲット。

さらに、小松菜の花のつぼみが付いているもの、わけぎ、みかんを買う。

そして、西松井田駅から輪行となる。
P4130109

電車に乗ってから上越線や両毛線への接続を調べたら、これが全く良くない。

群馬総社か新前橋まで輪行するつもりだったが、変更して北高崎で下車する。

車内でしばらく休んだおかげで、疲労も少し回復し、淡々と走ることができた。

おかげで、久し振りの100kmオーバーだ。


走行距離:90.39km(総走行距離101.80km)、所要時間:6時間50分、AVE:18.8km/h、グロス:13.2km/h、獲得標高:1,272m