パンジーの種をまいたのが9月17日。それから約3週間経過。

約1週間で発芽したのはいいが、光量が不足していたようで、ほとんどが徒長した。

その2週間後の状況
PA060032

下の3列がパンジーのローラという品種で、ピンク色の花が咲く。

上の1列はローラが発芽した頃にまいた「良く咲くスミレ」で、こちらはいい感じ。

ある方のHPによれば、徒長したとしてもポットに移植するときに深植えするといいそうだ。

徒長した部分は根の性質を持っているらしく、子葉が出ている部分より下は根が出るとのこと。

これで安心。本葉が3~5枚出れば移植しよう。それまでの辛抱だ。

パンジー以外に育てているのが、カーネーション、バコパ、昼咲き月見草。

いずれも初心者向けとのことなので、何とかなるだろう。

種も安かったので、失敗しても惜しくない。

これらは、良く咲くスミレと同時にまいて、かなり歩留まり良く芽が出ている。

PA060031

左から、バコパ、カーネーションのマリエ、ラフランス、オレンジシャーベット、昼咲き月見草。

カーネーションは、徒長してしまったが、何とか2~3株ずつ成功したい。

ほかにベランダで育てているのは、イチゴの苗、グミの木、モミジの苗。

イチゴの苗は自宅用に買って、とりあえず水やりだけしている。

さらに、種をまいてまだ芽が出ていないのが、大輪キキョウ、ワイルドストロベリー、ノースポール。

植物を育てるのは、ネットで調べたりするのが楽しいし、世話をするのも楽しい。

寒くなる前には、何とかめどを立てたい。