今週末の天気予報は、当初2日とも雨だったが、週後半になって土曜日が曇りの予報となった。

雨の可能性もあるので前日まで保留していたが、朝起きて降水確率を確認したら10~20%で、菅平のライブカメラでは路面が乾燥していたので、トレーニングとサイクリングを兼ねて、菅平まで上ってきた。
長野~菅平(49km)

出発は、ゆっくりの午前10時20分。

千曲川を渡るとき、菅平方面は雲の中。
PA140002

志賀高原方面も当然雲の中。高い山は笠ヶ岳かな?
PA140003

いつものとおり、最後の信号からタイムを取る。
PA140005

サイクリングは約1ヶ月振りなので、身体の使い方を思い出しながらの走行となった。

ハンドルとサドルへの荷重を少なくしつつ、上死点付近からペダルにしっかりと体重を乗せる。

引き脚の方はペダルへの荷重をできるだけ少なくするので、両手と片足の三点支持となる。

保科温泉を過ぎると山の中となるが、路面はウェットに変わる。また、徐々に霧が濃くなっていく。

自転車が汚れるのは嫌だが、しょうがない。

中盤に差し掛かると道と平行する沢がだんだん立ってきて、道の勾配も強くなる。

ここから立ち漕ぎが始まる。

立ち漕ぎでもハンドルは引かず、ペダルにしっかりと体重を乗せ大臀筋で踏み込む感じ。

一旦勾配が落ちるが、終盤に差し掛かると、勾配の強いヘアピンカーブが連続する。

ここが正念場。

色鮮やかに黄葉したイタヤカエデの木があったが、写真は撮らず通過する。

黄葉の写真は次回のサイクリングまで取っておこう。

ラス前のヘアピンを過ぎると、ようやく勾配が落ちて、そのまま市境に到着。
PA140007

タイムは1時間10分29秒。

前回よりは2分あまり遅いが、昨日インターバルトレーニングをしたので、それを言い訳にしておこう。

まあ、前々回のワーストタイムよりは速いので、良しとしよう。

菅平は標高が高いので、さすがに寒い。上はTシャツの出で立ちだが、面倒なので、菅平中心部のコンビニまで我慢しよう。

霧が薄くなり、畑が見えてきた。
PA140009

少し進み近づくと、白菜畑だった。収穫まではもう少しかな?
PA140010

中心部に近づくに従い、さらに霧が薄くなる。グランドでは、サッカーの練習をしている。
PA140013

山の上の方を除けば、霧はすっかり晴れた。
PA140016

間もなくコンビニに着くと、腹ごしらえ。

もしかして、1ヶ月振りのパンかな?
PA140017

長袖のTシャツとウィンドブレーカーを着込み、帰りは、いつものように須坂方面へ。

山の上の方では、カラマツが色づき始めていた。本格的な黄葉は、来週以降かな?
PA140018

頂上まで来ると、いきなり黄葉の風景が目に飛び込んできた。
PA140019

お~、意表を突かれた。まずまずの写真が撮れた。

この風景をダウンヒルでも楽しめればいいんだけど...

下りだして間もなく、霧の中に突入する。
PA140022

急にヘアピンカーブが現れたり、しかもその部分が流水で濡れていたり、少し慌てる。

その後は、慎重に進み、特に問題なく下ってくることができた。

犀川を渡る頃にはだいぶ明るくなっていた。
PA140024

景色にはあまり恵まれなかったが、やはりサイクリングは楽しい。

良いトレーニングにもなったと思う。


走行距離:49.02km、所要時間:3時間10分、AVE:18.0km/h、グロス:15.4km/h、獲得標高:997m


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村