天気の良い週末は、久し振りの感じがする。

CAAD9のダウンヒル時の乗車感とブレーキングを試したかったので、今日は試走。

真夏なので距離は少なめにし、約50km。

行き先は、昨年長野に転勤してきて2回目のサイクリングで行った菅平。
長野~菅平(49km)

出発は、午前9時30分。

千曲川に架かる落合橋
P8050001

若穂から菅平に上るのは、今日で3回目。

若穂の最後の信号からタイムを取ることにしている。
P8050004

スタート地点から長野市街を振り返る。
P8050005

菅平までのタイムは、1回目が1時間6分台で、2回目が1時間13分台。

今回は、フレームがクロモリからアルミのCAAD9に変わったし、ホイールもキンリンの重いリムを使用したチューブラー手組ホイールから、カンパのZONDAに変わっている。

かなり重量と性能の差があるので、あわよくば1時間を切れるかなと期待しつつ、とにかく頑張る。

この坂道は、10.2kmで875m上る、平均勾配が8.6%で、序盤は淡々と上れるが、中盤からは結構急坂になり、時々立ち漕ぎが入ってしまう。

立ち漕ぎは、できるだけ股関節を使うようにしているが、股関節の周囲の筋肉のパワーや持久力が落ちていることを感じる。

去年は、八王子の自宅で時々していた自転車を活用した練習の貯金があったけれど、長野に来てからはロードバイクに乗るのは月に2回程度なので、筋肉が衰えたのだろう。

結局ゴールタイムは1時間12分台と、機材が変わったとは思えないようなタイムになってしまった。

これからは、自転車を活用した練習もした方がいいかなぁ。

上りの頂上
P8050006

頂上の自販機で、まずは生茶のペットボトルを一気飲みし、菅平の中心部にゆっくりと向かう。

レタス畑かな。
P8050008

グランドでは、ラグビーの練習試合が行われていた。
P8050012

菅平といえば、ラグビーの夏合宿と相場は決まっているからなぁ。

さらに進むと、青山学院大のおそらく陸上部員がジョギングをしていた。

みんなスリムで、しかも筋肉は強靱そうで、長距離走がすごく速そうなオーラをまとっている。

マラソン好きの自分としては、「あんな風になれたらいいなぁ~」と、うらやましくなってしまう。

中心部ではセブンイレブンでドリンクを補給し、須坂方面に向かう。

上りのピークの少し手前から、菅平を振り返る。
P8050015

ダウンヒルは、遅いダンプが走行していて追いついてしまったので、2~3回立ち止まり、やり過ごす。

ここのダウンヒルは、タイトなコーナーがほどよく現れるし、道幅が広いので、楽しめる。

CAAD9の走行感には特に問題なく、ブレーキの効きも悪くはなかった。

下りきってからは、淡々と進む。

千曲川を渡る屋島橋では、空を見て夏空を実感する。
P8050018

P8050019

あとは暑い市街地をしばらく我慢し、無事帰宅した。

暑かったけど、まあいいサイクリングだった。


走行距離:48.99km、所要時間:3時間10分、AVE:18.1km/h、グロス:15.5km/h、獲得標高:997m


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へにほんブログ村 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へにほんブログ村