土曜日から用事で富山に行ってきた。

富山には、北陸新幹線1本で行けるが、天気が良かったので、1時間早く出て、途中から在来線で行くことにした。

糸魚川で新幹線を下車し、在来線のホームに降りると、「えちごトキめき鉄道」の観光列車が止まっていた。
0097

0101

写真を撮りながら待っていると、泊行きの1両編成の列車が入線してきた。
0106

旧北陸本線の複線区間を走るのに、1両のディーゼル車とは、そんなにお客さんが少ないのか?

昼過ぎの便だったが、乗客は乗り鉄さん数名を含む10名程度。

窓が長く、広めのボックス席だが、特急車両の改造なのかな?

ガラス越しに前方が見える。
0107

期待していた親不知駅では、高速道路の橋梁で景色は良くない。
0109

その次の市振駅は、防風柵で海が見えない。
0111

次の越中宮崎前後がクライマックスと言える。

海岸のすぐ近くを走る区間もあった。
0114

この辺は、小学生の時に家族旅行で小川温泉に来たときに海にも入ったが、急に深くなる海だったので、当時泳げなかった自分としては、怖い海だった。

道路が最前線を走っている区間もある。
0118

交通量は少なく景色もきれいなので、そのうち天気の良い日に、長野から直江津辺りまで自転車で走ろう。

泊駅に入線すると、乗り換える「あいの風とやま鉄道」の列車が待機していた。

ホームの向かい側に入線してくれれば乗り換えが楽なのに、まるで連結するかのように後に止まった。
0120

車内は、3つドアのクロスシート。JR西日本の快速電車に似ている気がする。
0122

田植えを終えたばかりの風景
0125

ときには小麦かな?黄金色の穂が風になびいて、なかなか良い風景。
0126

富山駅に着くと、JRの高架と交差する形で路面電車が止まっていて、なかなかおもしろい光景。
0129

そういえば、在来線も高架化の工事中で、金沢方面行きは既に高架になっていた。

逆方向も高架化できれば、この行き止まりも解消されるのだろう。
0132

駅からちょうど路面電車が出発していった。
0134

市役所方面に歩いていくと、居酒屋の外壁に古い映画のポスターで飾られていた。青梅駅周辺を思い出す。
0135

0136

土曜日と日曜日の用事を済ますと、帰りは新幹線で一気に帰る。

新幹線の車窓からも、田んぼと海の風景。
0153

飯山駅を通過した付近。空気が澄んでいて、山並みもクッキリ。しかし、山の名前がさっぱり判らない。
0161

天気に恵まれ、ホッとする小旅行となった。

帰宅後は、インターバルトレーニングでいい走りができたし、満足。


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へにほんブログ村 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へにほんブログ村