前回のサイクリングで気に入った、山田牧場から笠ヶ岳のコース。

今回は、カヤの平はパスし、逆コースで行ってきた。

紅葉、黄葉を、腹一杯になるぐらい堪能することができた。まさに、ゴールデンコースと言える。
志賀高原、笠ヶ岳(90km)

明日は仕事なので、早く帰って来れるよう、いつもより早めの7時40分に出発。

千曲川を渡る。笠ヶ岳には雲がかかっているが、今日は晴れるはず。
PA300102

長野電鉄の踏切に来たとき、ちょうど遮断機が下りた。

特急の車両を期待したが、残念。東急電鉄の車両かな。
PA300104

高速道路の側道的な道路を走ったが、北行きは路肩が広く走りやすい。

側道を離れ、R292に入る。

2000mぐらいより高いところには、なにやら白いものがある。雪・・・?
PA300107

R299は、かつて正丸峠や十石峠、麦草峠を越えた。

また、R229は、北海道に転勤してオロロンラインを走ったときに通った、絶景の道。

R292は、志賀高原から草津に抜ける道。

2と9の付く道は、縁があるなぁ。

湯田中の町はずれを通るバイパスを上っているとき、ふと空を見ると、特徴的な雲。

これ、マニアの間では地震雲と呼ばれている雲だと思うが、大丈夫かなぁ。
PA300108

バイパス途中にある7-11で補給食、おにぎり2個、草大福、練乳パンを買い、練乳パンだけ食べていく。

ここまで、前回のサイクリングで発見した、腰を少し浮かせてハムストリングスと大臀筋で踏むペダリングでだいぶ頑張ってきたので、腹が減ってきたのだ。

バイパスを抜けてからは、結構坂がきつく感じる。

ほどなく、ループ橋を通る。

ループ橋からは見晴らしが良い。

黄葉が真っ盛り。
PA300111

真下にも
PA300121

反対車線側は、下界の見晴らしがいい。
PA300118

更に上っていくと、赤い紅葉も現れ始めた。
PA300122

すごく鮮やか
PA300123

オレンジの紅葉の方が好みかな。
PA300124

PA300125

今度は、カラマツの黄葉。
PA300127

景色がきれいなので、結構立ち止まる。

今度は広葉樹の黄葉。
PA300137

この先に、坊平シラカバ園地があるが、ここも素晴らしかった。

シラカバの中の紅葉
PA300145

園地を過ぎると坊平橋が見える。
PA300149

ここからの景色も絶景だった。
PA300157

PA300164

この尾根の向こうには、北アルプスの山並みが見えた。
PA300166

右側の双耳峰は鹿島槍だと思うが、とするとその左には爺ヶ岳があるはずだが、その間に立山らしきものが見える。

後立山連峰の向こう側の立山が見えるとは、驚きだ。間違っているかもしれないが。

更に右には、戸隠と妙高山かな。
PA300163

志賀高原が近くなってきたところで、後ろからスポーツカーっぽいエンジン音が聞こえてきた。

えっ!ランボルギーニ・カウンタック?

それが1台だけでなく、フェラーリーなどが、続く、続く。
PA300174

ほかには、ポルシェとか、マスタングもあったかなぁ。

かれこれ、15台ぐらいの車列だったような気がする。

以前、箱根の大観山でも10台ぐらいのスーパーカーの車列を見たことがあるが、その時よりも多い気がする。

志賀高原ぐらいまで来ると、脚が一杯一杯の状態で、結構苦しむ。

ようやく、志賀高原の中心部まで来た。水無池かな。水はあるけど。
PA300180

次は、琵琶池。
PA300182

その後もきれいな池が次々と出てくる。

シラカバとダケカンバの向こうに、黄金色に紅葉したカラマツ。いや~素晴らしい。
PA300185

木戸池
PA300189

池を過ぎると、景色も変わってくる。

葉の落ちたカンバやササ原。黄葉したカラマツがアクセントになっている。
PA300197

ようやく、笠ヶ岳方面との分岐点に付く。

気温が低く、身体も冷えてきたので、草大福を食べてエネルギー補給するとともに、ウィンドブレーカーを羽織っていく。

多分、0℃ぐらいだろう。

笠ヶ岳の上りに入ると、上の木々から氷が落ちてくる。

霧氷が熔けて落ちて来ているのだ。

片側だけ霧氷のある木
PA300205

笠ヶ岳の上りはそれほど急坂でないので、志賀高原辺りで酷使した脚でも何とか上れる。

笠ヶ岳。霧氷で白い。
PA300206

峠が近づくと、湯田中方面の景色も見えてくる。
PA300210

前回昼食を食べた地点に到着。

素晴らしい景色
PA300213

そして、間もなく峠に到着。
PA300218

ここで防寒具をすべて身につけて、最後の補給、おにぎり2個を食べていく。

山田牧場側は、あいにく青空はなく、なんか寂しいたたずまい。
PA300224

しかし、前回来たときの絶景ポイントでは、スッキリとした青空。

北側から西側は、天気がいいようだ。
PA300225

目の前の中倉山の向こうには、白馬三山と唐松岳。いやー素晴らしい。
PA300228

さらに、目を左に転じると、五竜岳に鹿島槍ヶ岳。
PA300229

さらに、左には、槍穂高連峰まで見える。
PA300231

右端のとんがった山を拡大してみたら小槍が写っていたので間違いないと思う。

さあ、出発。
PA300241

絶景を堪能しつつ、山田牧場まで下りてきた。
PA300246

ここからの紅葉、黄葉は、すごかった。

来た道を振り返る。
PA300251

カラマツと広葉樹
PA300252

すごく鮮やか
PA300270

PA300274

こんな色づいた木々が、あちこちにあるので、目が奪われる。

山全体が色づいている。
PA300282

PA300286

前回逆光で写真が撮れなかった、八滝。
PA300290

いや~、堪能した。

本当にゴールデンルート。

あとは須坂まで長い下りを通り、来た道に戻って無事帰宅。

こんな恵まれたサイクリングは滅多にない。

日曜日だが、昨日から準備して来た甲斐があった。


走行距離:91.84km、所要時間:6時間48分、AVE:18.2km/h、グロス:13.5km/h、獲得標高:1738m


にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ