今日も週1の東京体育館でのクロール練習。

今日の課題は、呼吸側のストロークの強化。

前回の練習後、なぜ上手くいかないのか考えた結果が、

 ①反呼吸側のグライドの時の頭の位置が高いこと。

 ②呼吸側のグライドの時のローリングが浅いこと

①のため、反呼吸側のグライドの時に体重を前に乗せづらいのではないか?

また、頭が上がる反作用で脚が沈み、呼吸側のキックがスカになっているのではないか?

そこで、反呼吸側のグライドの時、頭を下げてみたが、進みが改善された印象はなかった。

次に②の対策で、左右バランス良くローリングしてみたが、どうもイマイチ。

そんな中で、腰のローリングが戻りきっていないことに気がついた。

これが、ビンゴ。

グライドで肩をローリングさせるのと同期するように、腰のローリングを戻してみたら進みが良くなった。

腰を回すことで、自動的に腰から打つキックになったし、呼吸側のキックも以前より効果的に打てている気がする。

動作感としては、呼吸側のキックをきっかけにして全身をローリングさせ、腰の回転でローリングを戻す。

おかげで軸が通っている姿勢を実感できるようになった。

今までは、ストロークに頼った推進力だったが、キックの推進力が加わった感じがする。

これだから、クロールは止められない。


にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ