越中島プール、今日は、今年の営業最終日の前日。

曇りの予報だったのに、午前中は晴れ。

やばい。土曜日の天気が良い日は、混雑するんだ。

ツイッターが更新されていないので、電話で混雑状況を確認してみたら、「空いてますよ!」とのこと。

急いで、出撃!

着いてみたら、泳いでいる人は、20人ぐらい。天気は、少しだけ晴れていて、寒くもなく暑くもなく、絶好のコンディション。

まずは、肩で水を掻く意識で2ビートクロール1000m。

息継ぎがすごく楽。おかげで、ストロークのピッチが自然と上がる。

終えてみると、21分15秒!

1000mとしては、久し振りの好タイム。昨日の500mのペースと全くおんなじ。

ちょっと自信がなかったが、次も2ビート500mに挑戦する。ペースは度外視なので、完泳!

泳ぎながら休むことができることも実証できた。

1500m泳いで得た収穫は、
  • 肩への意識は、すなわち、鎖骨を起点にし、プルとプッシュをするイメージ。
  • また、親指の付け根部分(手の平の拇指球)で掻くようにすると、鎖骨を意識しやすく、水も掴みやすい。
  • プルとプッシュの時に、鎖骨を起点として水を掻くことが重要で、これにより、水中で息を吐きやすくなる。
  • とくに、反呼吸側のプルの時に十分息を吐けば息継ぎで十分吸うことができる。
  • 反呼吸側のキャッチからプルのパワーを使ってローリングをしっかりと戻して胸が真下を向くようにすると、鎖骨部分の筋肉が伸びて息を吐きやすくなる。

ということ。

その後も、途中休憩を挟み、2ビートクロールで1000m泳ぐ。平泳ぎを封印しているので、今日は、クロールだけで2500mも泳いだ。

最後の100mでは、疲れているけれどアタックしてみたら、2分6秒。

この泳ぎを定着させよう。

明日は、越中島プールの営業最終日。天気は良くないので、明日もいい練習ができるだろう。


「水に乗る」姿勢づくりに落とし穴ありにつづく。



にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ