かねてから懸案だった、バーテープの交換。

ステムは100mmにするか110mmにするか迷っていたが、自転車に跨った感じでは、多分110mmは長すぎると思い、昨日、アスキーサイクルで特売のITMの100mmのステムを見つけ、早速買うことにした。

現在は、すでにSMICAの100mmのステムが装着してあるので、バーテープを交換する環境は整った。

今回のバーテープは、DEDAのカーボン模様が入っており、アサゾーで935円で買ったもの。

表面はツルンとしていて、かつクッションが入っているので、汚れにくそうだし握り心地も良さそう。

交換前の状態
3632

少しめくってみると、すごく汚れていることが分かる。
3633

最近は、いつも納得いく作業ができていないので、まずは、剥がしながら、ブラケットのどの部分に端布を当てるか試行錯誤する。
3634

端布を当てる部分に、両面テープを貼る。外側はやや下の部分、内側はバンド付近。
3636

3638

端布を接着する。
3637

3639

この作業が上手くいけば、あとは、淡々と巻くだけ。巻く作業には、特に難しさはない。

このバーテープには、DEDAのロゴが入っているので、外側にロゴが並ぶように巻いていく。
3641

ロゴが並ぶように力加減を調節すればいいので、強く引っ張りすぎる心配がないので助かる。

巻き上がりの状態
3642

今回の仕上がりは、パーフェクト。

先日加工したフロントバッグも着けてみる。
3643

3644

少しお辞儀しているみたいだが、まあ許容範囲内。

上ハンドルも間隔が開いていて、握りに支障がない。
3645

次回のサイクリングが楽しみだ。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ