5日(土)
●メニュー

  • 2ビートクロール1/3呼吸中心で、25~200mぐらいの単位で、休憩を挟みながら淡々と。80分ぐらい。

●メモ

  • 今週は、毎日忙しく、平日のトレーニングができなかった。
  • 久し振りの水泳練習だが、1/3呼吸でも、ゆっくりとなら意外と問題なく泳げたが、約2時間走った後なので、足が攣りまくった。
  • 途中でペース確認のため100mのタイムを計ったら、1/3呼吸でも1/2呼吸でも2分17秒だったので、1/3呼吸もだいぶ板に付いてきたみたいだ。
  • 息継ぎで呼吸をしているときに、伸ばしている腕を真下に曲げると、タイミングがずれにくいし、3拍子のテンポを作りやすい。
  • 今日の発見は、2つ。1つは、肩の力の抜き方。プルをし始めたときに、肩の後ろ側の力を抜くと、最後まで肩を落としやすい。この後、脇を開けて脇の下に水を流すようにプッシュしてみたが、肩の力を抜きにくいので、この方法はNG。脇の下よりも、乳首のラインの下の方が肩の力を抜きやすくて良い。
  • もう1つは、プッシュで前腕が後ろ向くまで回すこと。押すのではなく、尻の横まで水を押さえ続けるというイメージ。押さえ支えるという感じかな。押し切るわけでないので腕が疲れにくいし、少しは進みが良くなるので、この方法で行こう。


6日(日)
●メニュー

  • 2ビートクロール1/3呼吸中心で、25~100mぐらいの単位で、休憩を挟みながら淡々と。80分ぐらい。

●メモ

  • すぐ疲れる。昨日のトレーニングの疲れの影響で疲れやすいのかと思っていたが、疲れだけが原因でなく、肩の使い方にも問題があったようだ。
  • 肩の後ろ側を脱力させることを注意して泳いでいたところ、息継ぎ直後のプル以外で前腕が立ちにくいことに気付き、キャッチですぐに前腕を立てるようにしてみたが、こんどは肩の後ろ側が脱力できなくなり、さらに、肩の前面に力が入っているのか、息の吐き・吸いが上手くできなくなり、50mも行かないうちに息苦しくなるようになった。
  • 試行錯誤の末、たどり着いたのが、肩の前側を脱力するために、肩をプールの底側に出すようにしてストロークすること。自分の立ち姿勢は、前肩気味で肩が少し前に出ているので、肩を前に出している方がリラックスできる。したがって、前肩の位置にしてストロークすると具合が良いようだ。
  • プッシュでの発見は、プッシュの時、手の平を後ろに投げ出すような感じにすると、プッシュの後、肩の力が抜けやすく、前の肩には力が入り後ろの肩が脱力し腕が直線になっているイメージ。
  • プルでの発見は、息継ぎの時のプルでは手の平に体重が良く乗っていて進みがいいことに気付き、それ以外のプルでも同じようにしてみたら、確かにペースアップしたが、上体が上下動するし息が上がりやすくなった。下に押さず後ろに荷重をかけるようにしないといけない。
  • 終わりの方は、25m単位でペースアップして泳いでみたが、今日の発見を生かしつつ浅いローリングを左右バランス良くすると、かなり気持ちよく泳ぐことができた。この泳ぎを定着させたいが、次の練習はいつになるかな。


13日(日)
●メニュー

  • 2ビートクロール1/3呼吸と1/2呼吸を織り交ぜて、25~100mぐらいの単位で、休憩を挟みながら淡々と。60分ぐらい。

●メモ

  • 1週間開いている割に、違和感なく泳げる。
  • 肩の位置を前肩にしたのが功を奏している。キャッチした瞬間、肩を前肩にし肩周辺を脱力する。どの筋肉を使っているのか良くわからないが、腕力を使っている印象はない。
  • 腰も含めてローリングするとともに、グライド側の軸に乗り、プルの腕に加重し手の平の親指側を外に開く感じで、手の平を後ろに流す。
  • キャッチ後肘を曲げてみたら、水を掴めて少しだけ進みやすくなった。
  • 問題は、1/2呼吸の進みが悪くなったこと。水をうまく掴めていないみたい。
  • プッシュの時に、グライドの手に体重を乗せる感じで、前掛かりにするといい。


14日(月)
●メニュー

  • 2ビートクロール1/3呼吸と1/2呼吸を織り交ぜて、25~100mぐらいの単位で、休憩を挟みながら淡々と。70分ぐらい。

●メモ

  • 最近は、練習回数と時間が減って、ちょっとモチベーションが下がっている。昨日のトレーニング疲れもある。おかげで、気付きも少ない。
  • 呼吸逆側のプッシュの時、肩がきれいに後ろに引けず、1/2呼吸だと進みが悪くなることが分かった。さらに、身体が曲がるのか、進む方向が曲がったりする。
  • 前肩にして、肩をしっかり後ろに引く。引くときは、伸ばす腕とプッシュの軌道が直線になることをしっかりと意識する。しっかりと引けているときは、真っ直ぐに泳げる。
  • あと注意すべきことは、昨日同様前掛かりの姿勢を取ること。
  • 軸の乗せ換えをはっきりとさせ、ローリングをプル、プッシュの駆動力にする。
  • 50mのペースを計ったら、少し速めで57~58秒だったので、まずまずかな。

19日(土)
●メニュー

  • 2ビートクロール1/3呼吸と1/2呼吸を織り交ぜて100m×10本、2ビートクロールと平泳ぎを交互に淡々と泳ぐ。計60分。

●メモ

  • 2時間走のあとなので、しんどい。足が攣ることはなかったが、すぐ息苦しくなる。
  • 前肩姿勢でストロークするようにしているので、肩がしっかりと脱力できていて、1/3呼吸でも換気がちゃんとできていることを実感するが、やはり1/2呼吸に比べると息苦しくなりやすい。
  • ただ、1/3呼吸を練習することで、左右のローリングが均等にできるようになるので、1/3呼吸での練習は続けることにする。
  • ローリングを駆動力にするのが課題だが、まだ完成しない。
  • 今日は、久し振りに蹴り上げの脚を意識してみた。プッシュサイドを脱力し、グライドと蹴り上げサイドをぴんと伸ばす。なかなかイイ感じ。

20日(日)
●メニュー

  • 2ビートクロール1/3呼吸と1/2呼吸を織り交ぜて100m×5本、10分休憩、2ビートクロール1/3呼吸と1/2呼吸を織り交ぜて100m×10本、2ビートクロールと平泳ぎを交互に淡々と泳ぐ。計80分。

●メモ

  • 1/3呼吸で息継ぎがちゃんとできていると思っていたが、問題があった。息継ぎの動作が大きすぎて上半身がねじれ、吸い込みが不十分だったみたいだ。真横を向いて片目が水中になるようにしたら、吸い込みがしやすくなった。
  • それと、どうも上半身が力んでいるみたいで、息が上がりやすい。腕を伸ばしたときも肩を前に出して脱力するようにしてみたが、良くならない。
  • 疲れるので、つなぎの平泳ぎで上半身を脱力するようにしていて気がついた。両肩の肩甲骨を前に出して前転させるように意識してみたら背中が楽になった。肩甲骨の下付近が伸びて腰が浮く方向に作用するみたいだ。
  • それをクロールに応用する方法を試行錯誤して分かったのが、手首の甲側を前に出すよう意識する。そして、前に出した状態でじっと我慢し、その間にプッシュをする。頭は完全に水没している。腰は反らずに自然と浮いている感じがする。
  • もうひとつ気付いたこと。最近1/3呼吸を練習するようになって、顔を上げて呼吸するタイミングが遅くなっていたが、早めに顔を上げる動作をし、顔は真横を向けて息継ぎすると良いみたいだ。

26日(土)
●メニュー

  • 2ビートクロール1/3呼吸と1/2呼吸を織り交ぜて100m×7本ぐらい、10分休憩、2ビートクロール1/3呼吸と1/2呼吸を織り交ぜて100m×5本ぐらい、2ビートクロールと平泳ぎを交互に淡々と泳ぐ。計80分。

●メモ

  • 今日の収穫は大きい。息継ぎがさらに効果的にできるようになった。息継ぎの時に腕を伸ばしているのがよくなかった。肘を軽く曲げて肩のロックを外し、キャッチの体勢を取って水を下に押さえる。こうすると、思いっきり息を吸うことができる。
  • 息継ぎの時にキャッチの体勢を取ることにより、プルのタイミングがずれにくくなるので、一石二鳥。
  • キャッチの体勢の代わりに、肩の力を抜いて伸ばした腕を自然と下に沈めていくと、この方法でも息継ぎがしやすくなったが、腕の回転が速くなりすぎて、息が上がりやすい。キャッチの体勢を取る方が良い。
  • あとの気付きは、プッシュをする時、上腕二頭筋を使うのではなく、肩を後ろに引く力で手の平を足下に向けて払うのが良いみたい。

27日(日)
●メニュー

  • 2ビートクロール1/3呼吸と1/2呼吸を織り交ぜて100m×10本、2ビートクロールと平泳ぎを25m交互に10分ぐらい、10分休憩、2ビートクロールと平泳ぎを25m交互に25分ぐらい。計70分。

●メモ

  • 息継ぎがさらに進化した。グライド後にすぐに肩を緩めるようにしたら、吐きがし易くなり、ブクブク・ハァが強くできるようになった。
  • 腕を伸ばしきったら肩を緩め、肩を緩めた状態で、肩を後ろに引く力を使いストロークの後半を腕を熊手のようにして若干上向きの軌道で真っ直ぐ払う。
  • 体勢を少し前傾にすること、進行方向と真逆に真っ直ぐに払うこと、頭の軸をぶらさないこと、ローリングを使って軸の乗せ換えをしっかりとすること(特に息継ぎ後2回目のプル)、に注意する。



にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ