最近はフラット姿勢ができていると思っていたが、実は、フラット姿勢モドキだったのだ。

今日も先ず1000mを泳いだが、23分30秒ぐらい。頑張った割にイマイチのタイム。

次いで、100m×10本の1本目が、2分30秒と超遅い。

これは、おかしい。何か変だ。

今日はたまたまペースクロックがコースエンド側に置かれていて、スタート地点から良く見えないので、奥のエンドをスタートにしようと、以前、クロールの息休めのつなぎでよくやっていた脱力平泳ぎで奥のエンドまで移動した。

で、目からウロコが落ちた。

ああ、これだ!腹が浮いている!!

この感じが残っているうちに、クロールで、ゴー!

おお、いけてる!まさにフラット姿勢になっている。前のめりの姿勢にすると、プルとともに滑っていく!!

脱力クロールで、こんなに滑る感じは、あまり記憶にない。

イメージとしては、腹筋に力を入れないで、へその5cmぐらい上(みぞおち?)を少し持ち上げて(立った姿勢だと少し凹ませる感じ)、できたスペースに水を溜める感じ。

さらに、プルで水をへその下に集めて、腹の下に水の流れを作ると良いみたい。

今日の前半の腹が落ちていた時と、今の腹が浮いている時とは、進み方もだいぶと違う。

掻いた分だけ進む感じがする。これまでも似た感じの時があったが、その時は、おそらく腹が浮いていたのだろう。

課題としては、50mで折り返してから重心が後ろよりになってしまう。前に乗り出して、前のめり姿勢を維持しないといけない。

それと、右呼吸では、右プルの掻き出しで左リカバリーの入水を待ってキャッチアップ的になり、プルの時に顔を上げ始めてしまう。プッシュの時に顔を上げないといけない。右プルは、待つ時間を短縮することが課題。


にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ