今日で、夏休みも最終日となった。

先日のサイクリングで、チューブラータイヤを2本もパンクさせてしまった。

1本約2000円の安いタイヤで、耐パンクベルトも入っていないが、もったいないので、昨日と今日で、1本ずつパンク修理をすることにした。

パンク原因を調べたら、鴻巣市の吹上付近でのパンクでは、長さ2mmほどの石の薄い破片が刺さっていた。

まるで、林道でパンクしたみたい。

何かで読んだが、雨の日は、異物を拾いやすいそうだ。仕方ない。

2本目のパンクは、碓井バイパスの序盤で気付いたが、スローパンクだったので命拾いした。原因は、長さ2mmほどのガラスの破片。

水にタイヤを浸さないと見つからないぐらいのピンホールだった。

おそらく、これも濡れた路面で拾ってしまったのだろう。

今回の2回のパンクは、ノーチューブのタイヤシーラントを注入していれば未然に防ぐことができたと経験上思うが、バルブコアが外れないタイプでシーラントの注入が面倒なので、今後もシーラントは使わないつもりだ。

ただ、異物が多い幹線道路や200kmを超えるようなロングライドでは、クリンチャーにしようかとも思う。

折角、カンパのZONDAという良いホイールを持っているので使わないと宝の持ち腐れになってしまう。

とりあえず、同じ銘柄のチューブラータイヤは新品を1本持っているので、今度の週末に貼ることにしよう。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ