今日も、仕事帰りに越中島プールに出撃。

19時半ぐらいにプールに着いたので、営業時間終了まで、70分ぐらい泳ぐことができる。

昨日の反省で、ゆっくり目のペースで泳ぎ出す。

手の甲を前に投げ出すリカバリー、フラットな姿勢での入水、L字のプルに気をつける。

ペースを落としたおかげで、今日の1本目は1000mまで伸ばすことができた。

しかーし、タイムは前回と同じ25分。全然進歩してないじゃん。最近は泳ぐペースが速くなったと思っていたので、1~2分短縮していることを期待していたのに・・・。

まあ、それでも、その後、400m、200m、100m×2、50m×4と泳いだのだから、1年前からすると、夢のような状態だから良しとしよう。

泳いでいて気付いたのが、腹落ち。腰を真っ直ぐにするため、腰の辺りに少し力を入れると、腰は上がったようだ。

でも、今度は、脚が落ちた。

2000mを泳ぎ終えたところで、一度冷静になって考えた。脚の沈みと言えば、尻にえくぼを作ること。

これは、ビンゴ!

体感では、胸、腹、脚が一直線になった感じの前のめり姿勢。

しかも、尻が水面スレスレにあるみたいで、時折、風を感じる。

足先も水面に近いので、軽くキックできる。

今までは、25mとか短距離では、前のめり姿勢を感じたことがあるが、尻に風を感じたことはない。

最近は、手の甲を前に投げ出す泳ぎで腰が引っ張られて脚が浮いていると感じていたが、前のめり姿勢ではなかったし、間違いだったのだ。

息継ぎは、頭の位置が低くなったせいで、よっこらしょ、という感じではあるが、呼吸は問題なくできているので、慣れが解決してくれるだろう。

ひとつ気にかかるのは、抵抗が小さい姿勢になったのに、特段ペースが速くなった感じがしないこと。明日確かめよう。

脚は浮くようになったものの、それもフレッシュなうちだけ。50mも過ぎると、ストロークで一杯一杯になり、尻への意識が薄れてくる。精進あるのみ。(7/25追記)


にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村