1日(土)
●メニュー
  • 面かぶりキック25m×2本、サイドキック25m×12本(通常:2、10キック:6、6キック:4)、2ビートクロール25m×10本ぐらい、2ビートクロール100m×6本、2ビートクロール50m×5~6本、2ビートクロール25m×多数
●メモ
  • 宿題としていた蛇行防止は、特に息継ぎ時のリカバリーで、中心軸に近いところに入水し肩を入れるような動作で若干外向きにグライドすると、腰が折れなくなり、脚を伸ばすことを意識しなくても蛇行しなくなり解決できた。
  • これにより、100m練習(1/2呼吸)では息継ぎの方向にかかわらず左右のバランスが良くなったが、それも元気のある5~6本まで。徐々に、呼吸逆側のリカバリーで肩が落ちるようになり、特に右呼吸では左のグライドで重心を前に乗せる動作ができなってくる。息継ぎ時のリカバリーから腕をしっかりと差し込むと肩が上がり重心を前に乗せられるようになったが、逆に息の上がりを招いてしまった。
  • これでは遠泳には向かないので、100mは中断して50m単位で泳ぎ原因を突き止めると、掴んだ水を引く力でグライドしていたことが原因だと分かった。また、これが疲れの原因でもあった。
  • そこで、手の平に体重を乗せる反力でグライドできるよう、プルと入水のタイミングを変更し、入水の瞬間にプルの手が胸の前に来るようにしたら、前より楽にグライドできるようになった気がする。
  • 問題は息継ぎ。少し練習したら左呼吸はスムーズにできるようなったが、右呼吸では姿勢が崩れるし、息継ぎの時に口の前の水が荒れて空気を吸えなくなってしまう。脇の力でプルをし腰を傾けてローリングさせようとしても解決できない。
  • 原因は右肩の使い方だと思う。左呼吸でプルの左肩は自然と力が抜けるが、右呼吸では右肩の力が抜けず、いかり肩気味になってしまっている。プルをしながら肩を落とす動作ができるようになれば、スムーズにローリングできるようになるかもしれない。これは明日への宿題としよう。


2日(日)
●メニュー

  • 面かぶりキック25m×2本、サイドキック25m×14本(通常:2、10キック:6、6キック:6)、2ビートクロール25m×6本ぐらい、2ビートクロール50m×2本、2ビートクロール100m×10~11本、2ビートクロール50m×1本、2ビートクロール25mと平泳ぎ25mを交互。
●メモ
  • プルと入水のタイミングのずれ易さと右呼吸のしにくさの原因は、肩甲骨の動作にあった。左のグライドの時は肩甲骨が前に出ていたが、右のグライドの時は肩甲骨が前に出ていなかった。
  • グライド~キャッチの時に肩甲骨を前に出していると、その後のプルも含めて、肩の力が抜けて動作がスムーズになる。
  • サイドキックの時は、肩甲骨をしっかりと前に出していることを義務づけよう。
  • グライドとプッシュの同期により右呼吸の動作がスムーズになったとはいえ、練習を休むと忘れることがあるので、プルと入水(プッシュとグライド)のタイミングを引き続き身体に刷り込まないといけない。
  • クロールと平泳ぎの交互の時に、キックをきちんと打ってみたら、左呼吸では難なくイメージどおりに打てたが、右呼吸では難がある。

●その他

  • クロールと平泳ぎの交互泳ぎのターンの時に、寸前にエンドからスタートした人と接触し、クレームを言ってしまった。
  • 相手は個人レッスンのコーチで、譲り合いの精神だと譲らない。こちらは、往復レーンなのでターン優先だと譲らず、監視員を呼ぶ羽目になってしまった。クレームに至る伏線はあったわけだが、後味が悪いので、今後は何があっても我慢しよう。後悔先に立たず。

5日(水)
●メニュー

  • 面かぶりキック25m×2本、サイドキック25m×12本(通常:2、10キッ ク:4、6キック:6)、2ビートクロール25m×4本、2ビートクロール100m(約130秒)×10本、2ビートクロール25mと平泳ぎ25mを交互、2ビートクロール50m×2本、その他
●メモ
  • 中2日での水泳練習は、初めのうちは意外と順調だと感じたが、結局ダメだった。
  • 100m×10本では、後半は結構疲れた。プッシュの時に手の平に体重を乗せられず、そのため、無理矢理水を掻いてしまい肩に力が入ってしまう。また、脚が沈みそうになるし蛇行する。それらが、どんどん、ひどくなっていく。
  • 原因は多い。①以前ほどではないが、グライドのタイミングが少し早くプッシュと同期していないこと、②蛇行を直そうと、グライドがオーバーアクションとなり、プルとグライドの度に背骨の軸が左右に湾曲したこと、③キャッチとプルの始動を脇の力でしていなかったこと、④息継ぎで顔を上げるタイミングが早く、身体がねじれたり上体が立ったりしたこと。
  • 原因が分かると少しは改善されたので、50mダッシュをしてみたら、息が上がった割に1本目が50秒、2本目が49秒とイマイチ。やはり手の平にうまく体重を乗せられない。
  • 今気付いたが、入水の時に肩を入れる動作をしていなかったのも原因かもしれない。
  • 明日は、丁寧に泳ぐことを心がけよう。

6日(木)
●メニュー
  • 面かぶりキック25m×2本、サイドキック25m×12本(通常:2、10キッ ク:4、6キック:4)、2ビートクロール50m×2本、2ビートクロール100m×5本
●メモ
  • 時間がなく丁寧さに欠ける練習となったが、気になっていたことが解決できて良かった。
  • 昨日の練習では、なぜ手の平に体重を乗せられなかったのか?理由は、プルの時の指先の方向だった。日曜日に気付いた点がいくつかあったが、クレーマーになったことで大事なことを忘れていた。プッシュとグライドを同期させる今の泳ぎでは、プルの時に指先を下向けることが必要なのだった。
  • もうひとつ、今日突然閃いたこと。プルの時の腕の動かし方は、サイドキックの6キックの練習で身体の向きを変えるときのプルの動作そのままにすればいいのだ。実際、日曜日はそのようにしていたし。
  • この2点を確かめてみたら、やはり間違いはなかった。指先を下向けても、脇の力でプルの動作をすれば、肩にそれほど力が入ることはない。今日の日中は、昨日の練習の影響で肩がかなり張っていたが、明日はこうしたことはないだろう。
  • あと再確認したことは、グライドするときは、呼吸側も逆側も、左右均等に肩を沈めること。肩を沈め、かつ腰のローリングをきちんと意識していれば、左右均等に腰がローリングできて、見た目的にも向上した感じがする。
  • 100mのタイムは、3本目と4本目が125秒、5本目が121秒だったので、まずまずかな。
  • 明日からは、サイドキックの時の腕の動作、息継ぎの動作をもっと丁寧にしよう。

7日(金)
●メニュー

  • 面かぶりキック25m×2本、サイドキック25m×12本(通常:2、10キッ ク:4、6キック:6)、2ビートクロール50m×2本、2ビートクロール100m×10本、2ビートクロール25mと平泳ぎ25mを交互、2ビートクロール50m×1本
●今日の気づき
  • 偶然発見したのが、息継ぎの時、グライドの腕をストリームラインの姿勢にように背中の面と腕を直線にするとともに、首筋を伸ばすこと。首筋を伸ばして腕を後ろに反らせるようなイメージで入水・グライドし、グライドの腕に後頭部をもたせかけるような感じで顔を横向けると、前よりも進むことが分かった。今までは、腕と上背部がお辞儀したようになっていて、抵抗になっていたみたいだ。
  • これにより、中心軸付近に入水し若干外向きにグライドする方法が必要なくなった。この方法は、疲れてくると背骨が曲がり蛇行する原因になるので改善できて良かった。
  • ただ、息継ぎの時、口がギリギリ水面上に出る状態なので、若干不安がある。

●メモ

  • 100m×10本では、2~3本目までは2分5秒ぐらいでキープできて気を良くしていたが、後半は2分12秒ぐらいまで落ちた。ラストは頑張って2分ジャストで上がることができた。
  • 反省点は、腰が少し反り落ちていたこと。100m×10本の後、腰を丸める意識で泳いでみたら、腹筋に力が入るのが少し気になったが、プルとプッシュの時の腕の負担が軽くなったし、脚も浮いた状態を維持しやすかった気がする。
  • 前半は、右呼吸の右のキャッチで肘を軽く外に出し軽く曲げる動作が抜けていたため、プッシュとグライドのタイミングがずれていた。

9日(日)
●メニュー

  • 面かぶりキック25m×2本、サイドキック25m×12本(通常:4、10キッ ク:4、6キック:4)、2ビートクロール25m×4本、2ビートクロール100m×10本、2ビートクロール25mと平泳ぎ25mを交互、2ビートクロール50m×4~5本
●メモ
  • 金曜日に発見した、グライドの腕をストリームラインの姿勢のように伸ばす方法(腕を反らせるぐらいに脇を全開して肩甲骨をしっかりと前に出す感じ)で100mを泳いだら、同じ出力でペースは速まっている。リラックスして泳いでも100mで65秒125秒なので、あと5秒短縮する工夫が必要だ。
  • 前半は、肩の力が入り、だんだん肩が重くなってきた。後半は、ストローク全体で肩の力を抜くことを心がけたら、肩の張りは治まった。
  • 油断していると息の吐きが弱くなってしまうので、積極的に吐く必要がある。
  • 呼吸と逆側のプル、特に右のプルでは、いい加減に速く動かす癖があるので、水の当たりをしっかりと感じて押すことが必要。
  • 肩のローリングは重要。首の根っこ(肩の間?)を中心点にして、両肩両腕の力を抜いて点対称の動きをすることが理想。そうすれば右のキャッチとプルが遅れることもない。
  • 今までは真下を見ていたが、1~2m先の底を見ると、ほどよく上背部が伸びることがわかった。
  • 腰を丸める意識で泳いでみたが、脚は浮きやすいものの、50mが限界。腰に力を入れる程度にしよう。
  • 今後の優先課題は、①ストリームラインでのグライド姿勢、②息を強く吐くこと、③肩の力を抜いた点対称のプル・プッシュ、④呼吸逆側の丁寧なプル、かな。

11日(火)
●メニュー

  • 面かぶりキック25m×2本、サイドキック25m×10本(通常:2、10キッ ク:4、6キック:4)、2ビートクロール25m×4本、2ビートクロール100m×10本、2ビートクロール25mと平泳ぎ25mを交互、2ビートクロール50m×1本
●今日の気づき
  • 脇を開いて肘をしっかりと外に出してプルをし、プッシュでは、グライドの伸びる力を利用して後ろに押し払うような動作すると進みがよいと思った。指先の方向は、最近は下向きだったが、今日の泳ぎでは45°ぐらいにしていたと思う。また、大胸筋を使ってプルしていると思う。
  • 2軸泳法的に肘をしっかり曲げたプル・プッシュで早めに肩を水面上に出すと、顔が半分しか水面上に出ていないのに、息継ぎが楽にできた。ペースが速いとき限定かもしれない。

●メモ

  • 休み明けは、100mを続けて泳げるか心配になるが、ここのところ問題なく泳げているので嬉しい。そろそろ200mで練習した方がいいと思うが、勇気が湧かない。
  • 視線を真下から1~2m先の底に変更し上背部が伸びた?効果で、100m×10本のラストでダッシュをしたら、ようやく2分の壁を越え、1分55秒を記録した。素直に嬉しい。
  • 視線を前方に移し、しっかりとグライドできた時は、腹が平らになって、全身がフラットに浮いた感触があったが、なぜかペースが上がっていない感じがした。どこに問題があるのかな。
  • 肩甲骨をしっかりと前に出し、ストリームライン的な姿勢でグライドする泳ぎは、まだまだ完成しないので引き続き頑張ろう。

12日(水)
●メニュー

  • 面かぶりキック25m×2本、サイドキック25m×10本(通常:2、10キッ ク:4、6キック:4)、2ビートクロール25m×6本、2ビートクロール100m×10本、2ビートクロール25m×10本ぐらい、2ビートクロール(1/3呼吸)50m×1本
●メモ
  • 2軸的な泳ぎになってきた。グライドの腕と胴体で軸を作り軸に体重を乗せつつ、肘を外に出し、しっかりと前腕を立ててから、肘に意識を置いてプルとプッシュをする。手の平は胴体の正面を通す。そうすると、前腕に水が当たっている感触がある。前腕や手の平で掻いた時には、こういう感触はない。
  • 前腕に水の当たりを感じつつ肘で押しながら前に伸びると、息継ぎが楽になった気がするし、姿勢も安定する。100m×10本のラストのダッシュでは、昨日のタイムを更新し1分50秒を記録した。嬉しい。
  • 問題は、左呼吸で右のプッシュで上手く押せなかったこと。何が原因かと思ったら、呼吸逆側のローリングが浅かった。呼吸時のリカバリーの入水の時に、肩を沈めると、ローリングのバランスが良くなった。これにより、右のプルが押しやすくなった。
  • 気を良くして久し振りに1/3呼吸で泳いでみたら、50mで58秒ぐらい。まあ、こんなもんか。
  • 今日は肩の力を抜いて泳げたので、広背筋が疲れている。
  • 課題は、目の視線を前方1~2mにしているが疲れると下を向いてしまうこと、時々軸が曲がり蛇行気味になること、キックまで意識が行かずきちんと打てていないこと。

13日(木)
●メニュー

  • 面かぶりキック25m×2本、サイドキック25m×10本(通常:2、10キッ ク:4、6キック:4)、2ビートクロール25m×6本、2ビートクロール100m×3本、2ビートクロール50m×15本ぐらい
●メモ
  • 疲れが溜まっていて、ドリルがストレスになってきた。100mも3本消化したところで断念。
  • 息継ぎの時に頭の軸が持ち上がったことが原因で、泳ぎが崩壊してしまった。(クロールの息継ぎに関する気づき(続編))原因が分かったので、ほぼ解決できたが、100m単位で泳ぐ気にはなれず、50m単位で繰り返す。
  • 2軸的な泳ぎをさらに発展させ、プルの時、ハイエルボーで浅いところを掻くようにしてみたら、フラットな姿勢をキープし易いし、ローリングの角度も小さめで息継ぎできたが、身体の外側を掻いてしまい肩の筋肉が張ってしまった。これは良くないと思い、肩甲骨を前に出し、前腕を立て、肘で引く動作に戻した。
  • 左呼吸では、ローリングに気をつけて泳いだが、まだ右のプッシュがイマイチな感じ。試行錯誤の末、呼吸側のグライドをする時は、肩甲骨を寄せて肩の真上から入水し、グライドの腕と胴体で真っ直ぐな軸を作り、軸に身体を預けると、改善できた。しかし、万全ではない。
  • 1/3呼吸にもチャレンジしたが、一定のリズムを刻もうとすると常に掻き続けなければならず、伸びながら休むことができなかったので、すごく疲れた。現在練習している1/2呼吸では、左右のリズムが微妙に違うので、それが影響しているのだろう。

14日(金)
●メニュー

  • 面かぶりキック25m×2本、サイドキック25m×10本(通常:2、10キッ ク:4、6キック:4)、2ビートクロール25m×6本、2ビートクロール100m×10本、2ビートクロール50m×7~8本、2ビートクロール25mと平泳ぎ25mを交互
●メモ
  • 今日もいい練習ができた。グライドに関する気づき(クロール)
  • ドリルは、相変わらずストレスになっているが、100m×10本で、スッキリした。
  • 左右交互に肩を前に出すスライド動作をすることで、プルとプッシュの感触が良くなったし、フラットな姿勢をキープできた。ストロークも大きくなった感じがする。
  • フラットな姿勢になったおかげで、腰から打つキックも練習でき、水泳の気持ち良さを実感した。

15日(土)
●メニュー

  • 面かぶりキック25m×2本、サイドキック25m×14本(通常:2、10キッ ク:4、6キック:8)、2ビートクロール25m×6本、2ビートクロール50m×7~8本、2ビートクロール25mと平泳ぎ25mを交互
●メモ
  • 午前中にランニングの練習をして疲労困憊となったので、しんどかった。
  • ドリルは片道コースで練習したが、息を整えるため、コースエンドから1m離れたコースロープの際で、身体を細くして邪魔にならないよう立っていたが、自分より年配のヒトに邪魔だと注意された。監視員も飛んできで、こちらが注意された。「邪魔になってもいいからコースエンドで休憩せよ。」と。良かれと思ってしたことが裏目に出てしまった。やはり混んでいる14~16時の時間帯はプールに来るべきではないな。
  • サイドキックのドリルでは、上側の肩を脱力してなで肩にするといい感じがしたので、少し多めにした。
  • 昨日に引き続き、薄く平たい泳ぎを、50mや平泳ぎとの交互で、繰り返し練習した。肩のスライド動作をできるだけ水平にするのがポイントだと思う。左呼吸は未だイマイチ。
  • ただ、左呼吸では、頭の位置が改善されてきたので、息継ぎがスムーズになった。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村