2014年05月

デミオ・スポルトの中古車を買った

今日は、朝からアパートの草刈りで十分なサイクリングの時間が取れないので、サイクリングは止めにして、車を受け取りに行ってきた。

今まで乗っていたのは、平成9年に新車で買ったデミオ。1500ccのマニュアルミッション。
5310003

エンジンはまだまだ快調だし、すごく気に入っているので、まだまだ乗りたい。

北海道海岸線1周プロジェクトでも活躍した。
DSCN3480

10万キロを越えたので、タイミングベルトを換えたし、その他にも色々と修理した。

しかし、今年2月の定期点検で、ディーラーから、「そろそろ乗り換えた方がいいですよ」と勧められた。

理由は、17年間も乗り北海道の冬を4回も越したためなのだろう、車体の下側が融雪剤の影響等で腐蝕しボロボロになっていたのだ。

特に、フロントバンパー裏のフロント・クロスメンバーのサビが酷いとのこと。

その時に見せられた写真。
0045
結構分厚いと思われる鉄板に穴が開いているし、ひん曲がっている・・・。

連休中に、スタッドレスから夏タイヤに交換したときに、自分でも確認してみたら、かなりひどい状態・・・。
4601

4605

ディーラー曰く、フロントクロスメンバーがさらに錆びると、2枚目の画像に写っている部品が落っこちて地面に当たり、大変なことになる恐れがあるとのこと。

今年の夏に車検をもう1回受けてから買い換えるつもりだったが、もうそんな猶予はないという心境になり、ネットで中古車を物色した。

特にこだわったのが、ミッション。絶対にマニュアル車にしたかった。

しかし、マニュアル車は絶滅危惧種ともいえるぐらい選択肢が少ない。

トヨタは嫌いなので、先ず除外。

コンパクトカーで、オートキャンプとかにも対応できる、それなりに荷物を積める車。

となると、マツダのデミオとアクセラスポーツ、ホンダのフィット、日産のノート、スバルのインプレッサとなるが、デミオ以外は売りに出されているものが少ないし、価格も高め。

ということで、結局、デミオを買うことにした。

現行モデルになる前の平成17年以降のものが欲しかったが、いろんな事情から、15年式のデミオ・スポルトに決めた。

今回買ったのはブラック。かっちょえ~
5310007

純正のエアロパーツが着いているので、見た目は納得。長さが12cm、幅が1cm増えたこともあり、一回り大きく見える。

車体の裏側も見てみたが、今まで乗っていたデミオと比べると、驚くほどすごくきれい。同じ程度のものを他に2台見たが、それらも大きなサビは見当たらないし、エンジン部分の腹が高いのにはびっくりした。

マイナーチェンジのたびに改良されているのだろう。

黒、白、シルバー以外の、紺、青、オレンジとかの色が良かったが、その辺は妥協した。

でも、すごく気に入ったので、できるだけ長く乗りたい。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

輪行袋の呼び方って?

今日は、晴れの予報だったので、当初サイクリングに行くつもりだった。

しか~し、金曜日に面倒な仕事を指示され、月曜日に対応しないといけなくなった。

経験上、土曜日にサイクリングに行って、しっかりと坂を上り、日曜日に水泳練習をすると、深刻な疲れが月曜日まで尾を引いてしまうことは分かり切っている。

そんな状態で仕事をヘマしたくないので、サイクリングは止めにして水泳練習に切り替えた。

あ~、今日も輪行したかったなぁ・・・。


で、お題は、いつも呼び方が気になっている輪行袋。

中学時代に自転車の趣味に目覚め、真っ黒でフラッシャー付きでセミドロップの、いわゆるサイクリング車を改造して乗っていたので、当時は、輪行なんて夢のまた夢。

でも、知識だけはあったつもり。

図書館で自転車の本を借りてきたり、サイクルスポーツの雑誌を買ったりして、自転車の知識を身につけたのだ。

高校に入ったら、お金を貯めてランドナーを買おう。輪行袋も買おうと思っていた。

しかし、高校に入ったら、登山に目覚めてしまい、お小遣いは、山の道具と電車賃に消えることとなってしまう。

大学でも山岳部に入り、山ばかり登っていたが、たまたま近くに自転車の趣味を持った人がいて、中古のフレームやパーツが手に入ったので、自分で自転車を組んで、通学や山に行く足として使っていた。

だんだんと自転車に対する思いは募り、大学4回生の春休みには、大阪から青森までツーリングすることとなる。

この時は、もったいなくて輪行袋を買わず、バイト先で化繊の大きな布をもらい、市場でもらった段ボールと化繊の布で分解した自転車を覆い、青森から大阪まで、初めての輪行を経験した。

結局、輪行袋を買ったのは、社会人1年生になってから。

輪行袋を使って何度かサイクリングに出かけた。

北海道に転勤したときには、稚内~帯広を走った。

宗谷岬
File0001-1

神居古潭
File0002-3

今は通ることのできない層雲峡の小函
File0003-2

三国峠
File0003-3

社会人になってからは、細々と自転車の趣味を続けたが、結婚する頃には趣味を休止し、約10年前に職場の上司や同僚に刺激されて、自転車の趣味を再開することになる。

ある時、輪行の話題になった。

すると、「りんこうぶくろ」とか、「りんこうバッグ」とか、呼ばれている。

自分は、中学時代、仲間と「りんこうたい」と呼んでいたような気がするが、その時は、ちょっと気が引けてスルーしてしまった。

その後、農業を経営しているカミさんの実家で手伝いをする機会があり、肥料袋を運んだりしているとき、袋の数を「いったい、にたい」と呼んでいるではないか。

これを聞いて、やはり、輪行袋の呼び方は「りんこうたい」と呼ぶのは間違いでないことを確信した。

しかし、結局、その後も、人前で「りんこうたい」と呼んだことはない・・・。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

栃谷坂沢林道、和田峠サイクリング

今日のサイクリングは、当初、八王子を往復するつもりだったが、天気図を見ていたら、空気の澄んだ晴天が期待できたので、峠に行くことにした。
栃谷坂沢林道、和田峠(107km)

朝起きてみると、すっごい真っ青な空!

一瞬、足柄峠が頭をよぎったが、八王子で用事があるし、予定したコースを取ることにした。

今回も、甲州街道から西を目指す。

新宿付近で見た、3本並びの印象的なビル。カメラを新調したので、写真を撮るのがさらに楽しくなった。
P5170002

高速下のケヤキ並木の木漏れ日
P5170003

日野バイパス方面に左折すると、富士山のお出まし!ここで見ることができたとは意外。
P5170004

日野バイパスは、多摩川から先は始めて通るが、新しいバイパスなので、走りやすい。
P5170006

結構緑が多いことも、好ましい。

滝坂下で。ちょっとピンぼけになってしまった。
P5170007

滝坂を上ると、ここでも富士山が待ってくれていた。
P5170008

並木道で癒される。
P5170009

用意したドリンクが八王子手前で切れたし、今日の昼食を買い込むため、西八王子付近、散田の立体交差近くの交差点に面した、真新しいセブンイレブンに寄っていく。

セブンイレブンと言えば、最近のマイブーム、牛肉コロッケ!
P5170011

パッケージが良心的だし、なによりも味がよい。肉屋のコロッケを再現しているところがすごい。

この味だと、わざわざ三島まで食べに行かなくてもいいんじゃないかと思ってしまう。

高尾山口で一旦停止。緑が鮮やかなので、写真を撮る気になった。
P5170013

P5170014

高尾山ICを過ぎた後も、なんの変哲もない風景に心を奪われて停止してしまう。
P5170017

淡々と上り、大垂水峠に到着。
P5170021

峠を過ぎたところで、3回目の富士山ゲット!でも、富士山に雲がかかり始めている。
P5170022

この手前には、石碑があった。いつも通り過ぎてしまうが、証拠写真を撮っていく。
P5170023

峠道を下る途中、美女谷温泉方面に右折する。

峠道は、いきなり急坂で始まるが、すぐに傾斜が落ちる。

そんな辺りで、中央線をくぐる。

歴史を感じさせる、長久保架道橋。上り線はトンネルの中なので、下り線のみ。まるで単線のよう。
P5170026

底沢最奥部の住宅。ログハウスの小屋だが、屋根から木が生えている。
P5170027

林道の区間に入ると、ここでヒルクライム用の身支度として、メットとサングラスを脱いでいく。
P5170030

この林道、向こう側からは通ったことはあるが、こちら側からは始めて。

結構斜度が立っている。ずうっと、10~12%ぐらいの坂が続く。

緩い坂をダラダラと上るよりは、こうした坂の方が好きだが、この後に和田峠を控えているのでちょっと心配になる。

ツツジがきれいだったので、ちょっと小休止。
P5170035

このあと、ようやく斜度が落ち、最高点直下まで来て、ようやく展望が開けてきた。
P5170038

相模湖か、津久井湖に架かる橋が見える。左上の方は、相模原方面が見える。今日は、ほんとに空気が澄んでいる。
P5170039

ちょっと進んだら、最高点に到着。登山道との交差点になっている。
P5170041

ここで、1回目の昼食。
P5170042

下り始めると、こちら側は少々道が荒れている。最高点までは良く整備されていたので安心して走行できたが、慎重に下らないといけない。

ほどなく、水場を発見。この写真を撮っている辺りが水場。
P5170050

パイプで引かれているので使いやすい。
P5170043

苔には、癒し効果があるのだろう。
P5170045

P5170049

ゲートの手前で富士山が見えるポイントがあったが、あいにく雲の中となってしまった。
P5170052

下りはあっという間に終わり、沢井川に出たら右折して和田峠への上りが始まる。
P5170054

道端の紫色の花が目にとまる。

あれっ、藤の木?

じゃないじゃない、これ、桐の木だ。

桐の花は始めてみるかもしれない。花札の桐の花よりも色は薄い。
P5170056

対岸には、茶畑の上に道が通っている。前から気になっていたが、この道を使うと和田峠から甲武トンネル方面をショートカットできるが、舗装されているのだろうか?
P5170057

和田集落には、茶畑が割と多い。茶畑の新緑も、輝いている。
P5170062

浄水場を過ぎ、12%の直登りを過ぎると、折り返しが始まる。

狭い岩の切り通しが現れた。ここは、前回来たときに、雪の回廊になっていたところだ。さすがに雪は全て溶けている。
P5170064

徐々に、景色がダイナミックになってきた。
P5170065

P5170066

13%の上り坂
P5170067

この標識を過ぎたところは、丸太のベンチがあるし、富士山の方向も展望が開けている。
P5170068

峠では、ゆっくりと昼食をとる気にはなれないので、脚休めも兼ねて、ここで食べていく。
P5170071

通ってきた道が見えるのは気持ちが良い。
P5170073

富士山は、かすかに見えるが、やはり雲の中。
P5170069

見上げると青空
P5170074

12%の坂を越えると峠に到着。
P5170075

あとは、下るのみ。

八王子方面が開けていた。
P5170076

P5170077

高尾を経由して山田駅から輪行で帰る。
P5170082

今日も、サイクリング日和で、すごく楽しむことができて良かった。

走行距離:107.21km、所要時間:7時間18分、AVE:19.0km/h、グロス:14.1km/h、獲得標高:1538m

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


鋸山林道、入間白岩林道、サイクリング

ゴールデンウィーク2回目のサイクリング。

今回も天候に恵まれた。

今回のコース。
鋸山林道、入間白岩林道(113km)

自走すると結構走ることになるので、今回は往復輪行にした。

スタート地点は京王八王子駅。駅前の横断歩道を渡ったら、そこにはミスタードーナツがあった。

朝食は食べてきたが、昨日の水泳疲れがあり、甘いものが食べたくなったので、自転車を組み立てる前に、ドーナツを2個買っていく。
IMG_4609

まずは、R16バイパスに向かい、拝島橋を経由して奥多摩街道に入り、大きな駐車場のセブンイレブンに寄っていく。

目的は、ホットコーヒー。八王子駅前で買ったドーナツをここで食べていくのだ。
IMG_4611

お気に入りのオールドファッションとハニーチュロ。シナモンが一番好きだったが生産終了になって久しい。
IMG_4613

一旦新奥多摩街道に合流するが、すぐ分かれる。

新奥多摩街道の方が走りやすいが、奥多摩街道の方が景色がいいので、後者を選択する。

富士山が見えるポイント
IMG_4616

春霞だが、かろうじて見えた。
IMG_4617

玉川上水がすがすがしい。
IMG_4619

羽村の取水堰
IMG_4621

青梅市街に入ると、今日はお祭りで、メインストリートは歩行者天国になっていた。
IMG_4622

仕方なく、下の道に下りると、吉野街道に誘導されてしまった。

青梅街道の方が好きだが、まあいいか。

川井の奥多摩大橋で青梅街道に戻り、ほどなく、古里のセブンイレブンに到着する。
IMG_4624

コンビニの最終地点なので、大繁盛。ライダーとか、山歩きの人とか。

さっきのセブンイレブンでも補給食を買ったが、ここでも補給食と非常食を買い込んでいく。

多摩川の上流部は、なかなかいい景色。
IMG_4630

下の方に目を移すと、旅館らしき建物の前に、露天風呂のようなものが見える。

絶景露天風呂なのかな?
IMG_4627

鳩ノ巣の駅近くには、釜めし屋があった。今日は補給食をだいぶ買ったので、今度にしよう。
IMG_4631

この付近は谷が深く、景色もダイナミック。
IMG_4632

IMG_4633

白丸ダムの湖は水がきれいで、ほんと絵になる。正面の山の中腹には集落があるみたいだが、生活するのは大変だろうな。
IMG_4635

奥多摩駅手前の長いトンネルに入ると対向車線からパトカーが来るではないか。

おっとっと。慌てて止まってライトを装着する。

今日の第一目的地、鋸山林道の入口に到着する。
IMG_4637

この林道、序盤は結構急坂が続くが、中盤以降は斜度が落ちる。こういうタイプの峠道は自分に向いている気がする。

一気に高度を稼ぐと、展望が開けてきた。

氷川方面。山の麓にあるのは、セメント工場かな?
IMG_4640

そろそろボトルに水を補給しないといけないので、小沢を探しながら進んでいくと、あったー。

しかし、道の下の方からは水の音は聞こえるが、道の上の方は涸れている。残念。
IMG_4641

向かい側の山をみると、未だに山桜が咲いている。
IMG_4643

IMG_4644

さらに進むと、驚きの光景が待っていた。

雪崩後の雪の壁
IMG_4645

上から見るとこんな感じ。
IMG_4649

雪の壁を触ってみたら雪が柔らかかったので、手で雪を掻いて、顔や手など肌の出ているところを洗っていく。

ああ~、気持ちいい。初夏のオアシスだ。

大ダワが見えてきた。
IMG_4651

振り返ると、こっちの景色もなかなか。
IMG_4653

そして、待望の水場に到着。場所は、対面の山に向かう折り返し地点のちょっと手前。
IMG_4656

親切な方が、パイプで引いてくれているので、すごく使いやすい。
IMG_4657

折り返し地点からは、今上ってきた道が見える。
IMG_4661

ここからは先は、あまり苦労することなく大ダワに着くと思っていたが、今日は身体が重く、なかなか着かない。

そんなときに、不注意で、グレーチングの隙間にタイヤをはめてしまい、転倒してしまう。
IMG_4662

林道なので、もっと注意深くあるべきだった。さいわい、ほぼ立ちごけみたいなものなので、特にけがはなかった。

ホイールにもダメージが無く、ホッとする。

そして、ようやく、大ダワに到着。
IMG_4663

ここで、1回目の昼食。沢水とおにぎり。定番の紅しゃけと辛子明太子。
IMG_4664

ここからは、さっきの転倒のこともあるので、慎重に下っていくが、またまたトラブってしまった。

ギャップを越えた衝撃で、フロントバッグからカメラが飛び出てしまった。ここがその現場。
IMG_4668

これは痛い。

カメラは作動したが、レンズの隙間のシーリングみたいのが外れてしまったり、本体が若干外れて隙間が空いてしまっている。さらに、ストロボが使用不能な状態になってしまった。

普通の写真は撮れるが、ショック大・・・。

気を取り直して、下りを再開する。

神戸岩下のトンネルは、素堀で真っ暗。
IMG_4671

北秋川まで下りると、右折し、先週も来た風張林道方面に向かう。

途中の小さな神社の桜は満開だった。
IMG_4673

アクシデントが2回もあったので、立ち止まったついでに、サイクリングの無事をお参りしていく。

先週よりも遅いペースでなんとか藤倉の集落を過ぎ、ようやく風張林道の入口に到着した。
IMG_4674

今日は風張林道には向かわず、直進して入間白岩林道に向かう。

ほどなく、林道入口に到着。
IMG_4675

橋を渡ったところが日陰だったので、ここで2回目の昼食をとっていく。

コロッケサンドパンと沢水で作ったポカリスエット。

昼食地点から見上げた風景。爽やかな五月晴れと新緑に癒される。
IMG_4676

さて、ここからはダートが始まる。
IMG_4677

ところどころ路面が荒れていて、パンクしないよう慎重に上っていく。

しばらく行ったところで、水場があったので、ボトルに水を足していく。
IMG_4678

草なのか、苔なのか、すごく癒される。
IMG_4680

この水場の先で、ダートもおしまい。距離を計測したら、800mぐらいだった。
IMG_4679

峠近くまで来たら、風張林道が見える。この風景、結構気に入っている。
IMG_4687

舗装になってから峠は近いと思っていたが、さっきと同様、なかなか峠に着かない。やはり不調のせいだな。

ようやく峠に到着。
IMG_4689

これで、大きな上りはない。

下りは慎重にこなす。

三頭山
IMG_4691

南秋川沿いの道路が下に見える。
IMG_4699

上川乗からは、しんどかった。

五日市で右折し、睦橋通りから新滝山街道経由で八王子方面に向かう。

秋川を渡った直後のトンネルは結構長く、ここでも一応ライトを装着して、下ハンドルを握り全力で走る。

トンネルを抜けてからは、すごくいい道。緩いアップダウンはあるが、片側二車線で信号もほとんど無いので、すごく走りやすい。
IMG_4701

ちょっと道を間違って、ひよどり山道路のトンネル出口に出てしまった。

ここは自転車が通れないかと思っていたが、自転車禁止の標識が出ていない。サイクリストが1人通っていったし、自分も行ってみても良かったが、今回は行くのを止めにする。

谷野街道からR16に合流し、いつもの山田駅から輪行で帰る。
IMG_4705

今回も結構疲れた。

走行距離:116km、所要時間:8時間20分、AVE:18.9km/h、グロス:13.9km/h、獲得標高:1956m

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

5月の水泳・マラソン・トレーニング記録

1日(木)
●メニュー
  • 2ビートクロール100mと平泳ぎ25mの繰り返しで多分750m、2ビートクロール25mと平泳ぎ蹴伸び25mを繰り返し、バタ足の練習、6ビートクロールの練習、45分

●メモ

  • 昨日に引き続き、平泳ぎの蹴伸び姿勢を利用してストリームラインの姿勢を身体に覚え込ませる。
  • 上腕は進行方向と平行にして着水するのがいいと思うが、意識しすぎると背中が反ってしまうので肩からゆっくり回して着水する。
  • すっかり忘れていたが、プルをし始めるときにフッと肩の力を抜くと、軸に影響せずにスーとプルできる。
  • プルのフィニッシュは、肘90°、上腕が水平(前腕が垂直)の形で、押さえつけるのが好感触だった。
  • 6ビートキックは、少しずつ進歩しているが、腕を合わせるとどうしても強く打ってしまう。強く打たずにできたときは、痙攣キック気味になっている。

2日(金)
●メニュー

  • 2ビートクロール100mと平泳ぎ25mの繰り返しで500m(12分10秒)、2ビートクロール50mと平泳ぎ25mの繰り返しで750m(18分)、バタ足の練習、6ビートクロールの練習、2ビートクロール、60分

●メモ

  • 蹴伸び練習効果で、だいぶんスムーズに泳げるようになってきた。
  • 真っ直ぐな姿勢で上手く泳げているときは、まさに、焼き鳥串のイメージで、軸がぶれずにクルンとローリングしている感じ。
  • 6ビートクロールは、なかなか進歩しない。
  • 最後に2ビートで強めのプルで泳いでみたら、2軸泳法の肝、キャッチで水を引っかけることができた。軸を真っ直ぐに伸びた後、手首を折る。ここで水をしっかりと掴めるので、パワーポイントが前寄りで、加速しやすい。
  • 焼き鳥串ができるようになった効果かな。左右均等なプルにもなっている。問題は長く泳げるかどうか。

4日(日)
●メニュー

  • 2ビートクロール100mと平泳ぎ25mの繰り返しで500m(11分30秒)、2ビートクロール50mと平泳ぎ25mの繰り返しで750m、バタ足の練習、6ビートクロールの練習、60分

●メモ

  • 途中でカウントを間違えたが、少しペースが速くなった気がする。
  • 疲れてくると、自然と肩に力が入り姿勢が乱れる。プルの動作に合わせて肩が自然と付いてくるのがいいみたい。
  • キックの方法が少しわかってきた。腰を起点としてヒザを少し落とし、遅れて下腿を振り下ろす感じ。

7日(水)
●メニュー

  • 2ビートクロール100mと平泳ぎ25mの繰り返しで750m(18分)、バタ足+4ビートクロールもどきを25m×10本、2ビートクロール25mを7~8本、45分

●メモ

  • やはり中2日となると感覚が鈍るのか、ペースが遅い。750mの後半になって、キャッチ~プルが効率が改善したが、腰は落ちていないもののストリームラインが崩れていると思う。
  • 6ビートを練習しているうちに、なんとか4ビートもどきになった。呼吸側のキック1+反呼吸側キック3というふうに、打っている回数は多いが、ストリームラインが全然できておらず、進みが悪い。
  • バタ足練習で、①内転筋をこすり合わせるように尻を振り、②ヒザを落とし少し遅れて下腿を振り下ろす、と割と進むことがわかったが、れを2ビートに取り入れて強く打ってみたら、だんだん脚が沈んできた。
  • 尻を上に少し突き出し内転筋のこすり合わせを良く意識したら、脚の沈みは納まったが、これでストリームラインができているのかどうかわからない。



9日(金)
●メニュー

  • 2ビートクロール100mと平泳ぎ25mの繰り返しで500m(11分45秒)、2ビートクロール50mと平泳ぎ25mの繰り返しで500m、バタ足練習ほか、30分

●メモ

  • 平日は、なかなか練習時間を作れない。
  • むしゃくしゃすることがあったが、水泳練習により、すっきりすることができた。
  • あいかわらず、右呼吸の右プルで肩が早く開きだしてしまう癖が無意識に出てしまう。これにより、上体が抵抗になっているみたいで失速する。
  • 気づいてからは、肩が開き出すのを我慢するようにしたら、ローリングもスムーズとなった。


11日(日)
●メニュー

  • 2ビートクロール100mと平泳ぎ25mの繰り返しで15分、2ビートクロール50mと平泳ぎ25mの繰り返しで25分、バタ足練習ほか、65分

●メモ

  • 入水の時に腹を凹ませて手の平に体重を乗せるようにすると進みが良いが、結構体力を使うので、長距離には不向きかな。
  • 半身のストリームラインを作りつつ、プルの肩を開かず後ろに落とすようにすると良い感じ。
  • 息継ぎの時、反呼吸側の伸ばした腕の手の平で水を下に押さえつつ、腕を伸ばしたまま手の平で外側に小さな半円を書くようにしたら(スカーリング?)、上体が安定し、その後のプルも効果的にできるようになった。
  • この動作をバタ足時の息継ぎに応用してみたら、なんと6ビートの泳ぎができるようになった。スピードは2ビートと大して変わらないが・・・。

16日(金)
●メニュー

  • 2ビートクロール200m、2ビートクロール100mと平泳ぎ25mの繰り返しで500m(12分)、2ビートクロール50mと平泳ぎ25mの繰り返しで500m(11分25秒)、バタ足15m+6ビートクロール10mを10本、2ビートクロール25mと平泳ぎ25mの繰り返しで500m、2ビートクロール50m、計2000m、60分

●メモ

  • ようやく練習の時間を作ることができた。
  • 先週マスターした反呼吸側のスカーリングのおかげで泳ぎが進歩した。
  • 今までは右呼吸の右プルがイマイチだったが、プルの時、肩の前部をしっかり下向ける形を維持して肩が開かないようにすることができたおかげで、呼吸側のプルで、しっかりと水を押すことができるようになった。
  • プルは、身体スレスレのところを通している。
  • ちょっとくねっているような気もするが、半身の蹴伸び姿勢を維持できているので、割と満足のいく泳ぎができている。
  • ちょっと強めに50mを泳いでみたら、1分チョイだったので、まあ満足。
  • バタ足は、もう少し弱く打てるようにしたい。
  • いい練習ができた。


18日(日)
●メニュー

  • 2ビートクロール100mと平泳ぎ25mの繰り返しで 1000m(23分25秒)、2ビートクロール50mと平泳ぎ25mの繰り返しで1000m(24分30秒)、バタ足10m+6ビートクロール15mを8本、2 ビートクロール50m×1本、計2250m、65分

●メモ

  • スカーリングに夢中になり、腰が落ちていることに気づかなかった。
  • 1000mの2本目で気づいてからは、腰の背中側を引き上げること、グライド時の手の位置を深くすることで、腰の落ちは治まった。
  • 手を深くすることでスカーリングしにくくなったが、なんとか許容範囲。
  • プルの時、手の平を外に捻りながら(親指側を先行させながら)フィニッシュすると、息継ぎ時に肩が開こうとしないことがわかった。
  • バタ足(キック)では、指を軽く広げた方が水を捕らえやすい気がする。
  • 平泳ぎとのミックスながら、久し振りに1000mを通して泳げることが確認できて良かった。


20日(火)
●メニュー

  • 豊洲方面ランニング(7.6km)、ネット:44分26秒

●メモ

  • 久し振りのランニングだが、自転車には乗っているので、普通に快調に走れた。
  • 内転筋をこすり合わせるイメージで走っているためか、左ヒザの内側の鵞足部分に少し痛みが出た。

21日(水)
●メニュー

  • 2ビートクロール100mと平泳ぎ25mの繰り返しで 32分、バタ足13m+6ビートクロール12mを10本、45分

●メモ

  • 1000mを泳ぐつもりが、途中でカウントを間違えてわからなくなり、30分泳に切り替えた。きりの良いところで終えて32分。
  • 20分ぐらいからは、結構しんどかったが、30分超を泳ぎ切ることができて良かった。
  • 上体の持ち上がりや肩の開きはないが、軸ができているかどうか心配なところ。
  • 6ビートは、1/2呼吸よりも1/3呼吸の方が、なぜかしっくりとくる。


22日(木)
●メニュー

  • 2ビートクロール100mと平泳ぎ25mの繰り返しで 1000m?(25分)、バタ足10m+6ビートクロール15mを10本、2ビートクロール100m(2分4秒)、45分

●メモ

  • 1000mは、途中でカウントを間違えたような気がする。25分だと遅いし、かといって22分30秒だと速すぎるような気がする。
  • 腰は持ち上がっているが、逆に脚が沈みがちのような気がする。
  • プルでちゃんと水が掴めているのに、後半は失速してしまう。上腕や広背筋の持久力が足りない。
  • 6ビートは相変わらず良くないが、プルのパワーポイントで同じ側のキックを入れるといいことがわかった。それにしても、1掻き3キックは難しい。

24日(土)
●メニュー

  • 2ビートクロール100mと平泳ぎ25mの繰り返しで 1000m(24分15秒)、バタ足13m+6ビートクロール12mの25mを20~22本、2ビートクロール50mと平泳ぎ25mの繰り返しで1000m、85分

●メモ

  • 1000mでは、とにかく、足先が常に高い位置になるよう注意した。
  • 6ビートクロールの練習での発見。肩に力が入っていたので姿勢が乱れていた。入水するときに肩の力を抜いて肩を外すイメージで腕を伸ばして軸を作りつつ、入水の瞬間に腰を傾けると、姿勢が乱れず割とスムーズに6ビートができるようになった。
  • この動作は、2ビートの練習で発見した動作だが、試行錯誤の末にやらなくなっていた(できなくなっていた?)動作だ。6ビートの練習の後、2ビートでやってみたら、すんなりできたし違和感はない。
  • さらに、呼吸側のプルがパワーポイントを通過するときに、同じ側の腰から脚の付け根にかけて固めるように意識したら、プルの力が入りやすく身体も伸びることがわかった。
  • 思い出しこと、もうひとつ。キャッチは前腕全体で水を掴み、そのまま手の平を引きずるような感触で肘で引いてくる。
  • 腕を伸ばしたとき、脇に体重を乗せるといい感じがしたが、これは明日確かめよう。

25日(日)
●メニュー

  • 2ビートクロール100mと平泳ぎ25mの繰り返しで 1000m(23分30秒)、バタ足13m+6ビートクロール12mの25mを10本、2ビートクロール50mと平泳ぎ25mの繰り返しで1000m、70分

●メモ

  • 昨日から肩の力をできるだけ抜くようにしている。昨日は伸ばす方だけだったが、今日はプルの方の肩の力も抜き、フィニッシュの時に肩のラインができるだけ縦に近くなるようにした。
  • 以前もやっていたが、縦に近くなるようにすることで、軸が引っ張られて曲がるようになったので、肩のラインをあまり意識しないようにしていたが、今日改めてやってみたら、大して軸が引っ張られないことがわかったので、今後はこれでいこう。ただ、肩の力を抜いているので、スカーリングがしにくくなる。
  • 人の泳ぎを見ていて思ったが、自分も息継ぎの動作がオーバーアクションになっていると思う。多分、息継ぎの時に背中が反って、息継ぎの時に頭の軸が反呼吸側にずれ、さらに全身の軸も左右にぶれている気がする。
  • 対策として、あごを一旦前に出してから、横向くようにしたら、息継ぎの時に頭の軸が反呼吸側に引っ張られることはないようだ。ただ、これにより口の位置が水面上ギリギリになるので、腕が疲れて推進力が落ちると、息継ぎしにくくなるのが心配。
  • 最近はバタ足の練習をしているので、成果を確かめたくて2ビートでキックを意識したら、なぜか脚が沈み出す。脚が沈まないよう上半身をコントロールするのが課題。


27日(火)
●メニュー

  • 2ビートクロール100mと平泳ぎ25mの繰り返しで 1000m(23分45秒)、バタ足13m+6ビートクロール12mの25mを10本、2ビートクロール50m×2本(1本目54秒)、40分

●メモ

  • 今日の課題は、息継ぎの時の顔の上げ方と頭の位置、脚を沈めないよう股関節をしっかりと伸ばすこと。
  • 息継ぎの顔の上げ方は、あごを出すよりも、おでこを前に出し顔を上げたときに視線が後ろ気味になるようにした方がいいみたいだ。
  • 脚の課題については、ずっと封印していた蹴り上げの動作を試しにやってみたら、これが上手くいき、テンポ良く下半身が浮き上がる感覚を久し振りに感じることができた。
  • 蹴り上げをすると息が上がりやすいので、ずっと封印していたが、姿勢が以前より良くなったせいか、背筋運動みたいにはならない。したがって、息も上がらない。
  • 前半は軸も通っていた気がするので、いいペースだったが、後半は身体が少しくねっているみたいで失速した。
  • ポイントとしては、①背骨を真っ直ぐに固め、入水からグライドは肩を外すような感覚で進行方向に真っ直ぐ伸ばすこと、②肩を脱力したままキャッチし、脇の力を使い肘でプルを引いてくる感じ。
  • 6ビートでは、入水したら肩の力を抜きつつ、肩をクイッとローリングすること、グライドでタメを作るとキックとストロークを同期させやすいことがわかった。


29日(木)
●メニュー

  • 2ビートクロール100mと平泳ぎ25mの繰り返しで500m(13分30秒)、バタ足13m+6ビートクロール12mの25mを10本、2ビートクロール50mと平泳ぎ25mの繰り返しで500m(13分30秒)、2ビートクロール50m×2本(2本とも56秒)、40分

●メモ

  • 前回同様、蹴り上げ側の脚を持ち上げる意識で泳いだところ、脚はちゃんと浮いているようだが、上半身が沈んで息継ぎのために背中が反ってしまう。身体が腰で折れているのかもしれない。
  • 呼吸側のプルで、反呼吸側のグライドをしっかり伸ばすと進みやすくなったが、その一方で、軸が犠牲になっているのか、ローリングでの焼き取り串の感覚がなくなってきている。
  • 反呼吸側のキャッチも甘くなりがち。前腕全体でキャッチする動作が無意識にできるようにしたい。


30日(金)
●メニュー

  • 2ビートクロール100mと平泳ぎ25mの繰り返しで1000m(23分40秒)、 バタ足13m+6ビートクロール12mの25mを10本、2ビートクロール50mと平泳ぎ25mの繰り返しで1000m(23分45秒)、2ビートクロール25mと平泳ぎ25mの繰り返しで500m、2ビートクロール 50m×1本(54秒)、90分

●メモ

  • 今日は、ガッツリ泳いだ。
  • 昨日は多分、腰で折れていたので、脚は浮いているのに背中が反ってしまった。
  • そこで、今日は、蹴り上げ側の脚を持ち上げつつ腹を持ち上げてみた。序盤はうまく行ったと思ったが、なぜか息苦しくなってしまう。原因は、腹の持ち上げ方が悪かったこと。腹全体を持ち上げてしまったので、腹式呼吸ができなくなったのだ。へそから下だけ持ち上げないといけない。
  • 2本目の1000mでは、平泳ぎ多めだったが、呼吸は少し楽になったみたい。
  • 今日の大きな気付きは、
    1. 股関節の前面を常に伸ばす意識を持つこと、そして、へそ下を持ち上げること。
    2. 反呼吸側の入水は、軸の真上から頭を押しのけるように入水すること。これにより軸が横にぶれにくい。


31日(土)
●メニュー

  • 2ビートクロール100mと平泳ぎ25mの繰り返しで1000m、 バタ足13m+6ビートクロール12mの25mを10本、2ビートクロール50mと平泳ぎ25mの繰り返しで400m(9分30秒)、同600m、6ビートクロール×約6本、80分

●メモ

  • 昨日ガッツリ泳いだ疲れが残っている。
  • 1000mは22分ぐらいだったかもしれないが、途中でカウントを間違ったような気がするので、多分23~24分だろう。
  • 昨日気付きの点をしっかり復習して思ったが、股関節の前面を伸ばすことは、やはり重要だ。これを意識するだけで、身体がしっかりと伸びているのが分かる。加えて、焼き鳥串の感覚も戻ってきた。
  • 反呼吸側のグライドは、スカーリングを試したりしたが、かえってくねりの原因になるので、やらない方がいいみたい。
  • 6ビートでは、いつも息苦しさを感じていたが、その原因が分かった。キックに一所懸命なあまり、息継ぎの時に腹筋を緩めていなくて、腹式呼吸ができていなかったことだ。顔を上げて腹を緩めて、ハーッと腹の奥に空気を入れるようにしたら、だいぶん楽になった。試したことはないが50mはいけそうな感じ。
  • 腹を緩めていなかったのは2ビートも同じ。これからは、意識して緩めよう。ただ、常に緩むと腹落ちになるので、この辺は難しい。


にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

プロフィール

sato

 キャノンボール(東京→大阪)にチャレンジしようと思ったのが、このブログを始めるきっかけです。
 このプロフィール画像は、キャノンボール初級編(名古屋→東京)の道中、箱根峠にて。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ