未だかつてない経験、だと思う。

3日連続の水泳練習。

土曜日の夜、検索していて見つけた両国プール。平日は22時まで開放している。

ここならば、仕事を早く終えれば行くことができる。

今日は19時半に職場を出ることができたので、一旦家に帰り、自転車で両国までダッシュ。

泳ぐ時間は45分ぐらい確保できた。

プールが空いていたので、コース外のフリーエリアで、フォームの改善に取り組む。

何往復かするうちに、最大の欠点を見つけることができた。

脚が沈みがちなのはわかっていたが、一番の原因は、腹が緩んで腰が反っていたこと。これが脚の沈む原因だったみたい。

下腹部を引き締め腹を凹ますと、あら不思議、脚が水平に浮いてきた。また、その効果で、ペースも上がっているみたい。

これに気をよくして、今度は2ビートキックにチャレンジする。

初めはバタついて、ストロークも無茶苦茶な状態になったが、しつこくやっているうちに、足の甲で打つタイミングとリズムがわかってきた。

打つと同時に対角の腕で伸びをすると、進む進む。

慣れてくると、これは面白い。25mでもそれほど息が乱れなくなっている。

今まではバランスを取るために弱く数多く打っていて、これは息苦しさの原因でないと思っていたが、2ビートの方が明らかに息が楽。

しかし、下腹部の引き締めにも注意して泳いでいると、今度は時折頭が沈み息継ぎができなくなることがあり、そこで考えた。

息継ぎと逆側の腕を伸ばすだけでなく、手の甲をそらすと上体が浮いていくことに気付いた。

これで息継ぎも大丈夫。

あとは、かき手の肘を立てること。左腕はまあまあだが、右腕は息継ぎとの関係で、どうもうまくいかない。

それでも、今日は開眼点がいくつもあったので、水泳練習に出かけて本当に良かった。

ますます、水泳が面白くなってきた。