法政大学方面ランニング

この記事は5月3日に書く予定だったが、3日連続でハードな練習をしたせいか、3日未明から喉が痛くなり2日間ダウン。

4日の夜になってようやく回復してきたので、記事を書き始めた。

2時間走った翌日は水泳練習で、その翌日のランニングとなるので、天気もいいので足のおもむくままに走ることにする。

走り出してみると一昨日のランニングよりも調子がいいが、アップダウンを入れすぎると疲れをためこむので、その点は注意する。

めじろ台グリーヒル通を進み、横道にそれてみたらいい景色のところに出た。
IMG_9437

グリーンヒル通に戻ると跨道橋があったので渡ってみる。

閑静な住宅街
IMG_9438

あちこちに跨道橋がかかっている。
IMG_9439

この道路はグリーンヒル寺田の中を突っ切るためだろう。

峠に出た。
IMG_9440

法政大学構内のものと思われる跨道橋も見える。

跨道橋に上がる歩道があり、関係者以外通行禁止などの表示がなかったので、上がってみる。

橋の西端
IMG_9443

橋の中央からの風景。八王子側。
IMG_9447

相模原側
IMG_9444

見下ろすと、上ってきた階段が見える。
IMG_9446

奥の建物が体育館。
IMG_9448

講義棟?
IMG_9449

町田街道に出てからが長かった。

相原から東京家政学院大学に戻ってくる予定だったが、そうするとまた2時間コースになってしまいそうなので、相原からは最短ルートで帰ることにする。

相原駅南側の踏切を通過する横浜線の電車。
IMG_9450

ここは数年後にアンダーパスになるそうだ。

踏切から相原駅方面を望む。
IMG_9451

相原駅を過ぎて東京造形大学方向に向かうと、すごく印象的な木が目に入る。

木の形が真ん丸で、まるで花火。
IMG_9452

さらに近づく。
IMG_9453

下から見上げると、すごい枝ぶり。
IMG_9456

通り過ぎて振り返っても、やはり丸い。
IMG_9457

峠の手前の竹やぶではタケノコがにょきにょき出ている。
IMG_9459

こっちも
IMG_9461

横浜線をくぐる。
IMG_9462

みなみ野の高台にひと登りし、下り始める地点から自宅方向を望む。
IMG_9463

約15kmの走行となった。

帰ってからは、久し振りに車の洗車、コーティング剤の塗布をして、なかなか充実した日となった。



自宅周りの花の植え替えなど


昨日、ランニングの後、DCMホーマックに行って花の苗などを調達し、帰ったら早速移植作業を始めた。

まず初めにフェンスに引っ掛けるハンギング。

スミレなどを植えてあったが今がピークなので、いいものだけハンギングから出して寄せ植えにしておいた。

代わりに移植したのが、日日草とポーチュラカ。
IMG_9429

どちらも手がかからないし、夏でも花が咲くためだ。

夏になると玄関のバラも一休みとなるので玄関がさみしくなる。

と、思っていたら、いいのを見つけた。

サントリーのサンパラソル
IMG_9427

花の苗にしては値段が高いが、夏も多く花をつけるそうだし手もかからないようなので買ってみた。

郵便受けの壁のハンギングには、サフィニアプチ。
IMG_9428

こちらもサントリーの苗だ。

「さくらもこもこ」という品種で、上手に育てるとこんもりと丸く育つようだ。

サントリーは、最近、花の苗に力を入れているようだ。

あとは、妻のリクエストで寄せ植えを作ってみた。
IMG_9425

ホーマックに売っていた寄せ植えを参考に、ピンクと黄色と白の花を組み合わせた。

ポイントは、夏も咲き続け値段が安いこと。

インパチェンス、マリーゴールド、サフィニアの組み合わせ。

ほかには、上の画像の奥がレンゲローズで、左がジャーマンカモミール。

レンゲローズは昨年の猛暑で枯らしてしまったので、ゴールデンウィーク中に手に入れようと調べたら、メルカリで2株800円ぐらいのがあって買ったものだ。

これがクロネコのネコポスで届いたのでびっくりした。

3cmの厚さの箱にキッチンペーパーとラップで包装され収納されていたので、まさか花の苗とは思わなかったのだ。

でも取り出しみると根付きで健全な状態だったので安心した。

ジャーマンカモミールは、そのおまけ。

ハーブティーにも使えるそうだが、花も咲くので育ててみよう。

さて、つるバラは、昨年植えたピエールドゥロンサールがあまりつるを伸ばさなかったものの、つぼみが一杯ついている。

咲いた時を考えると楽しみだが、その時はここにはいない。

膨らみ続けるピエールドゥロンサールのつぼみ。
IMG_9430

以前から育ててるニュードーンは、元気いっぱい。
IMG_9432

IMG_9433

今年はピエールドゥロンサールとニュードーンの競演。

楽しみだ。



5月のトレーニング記録


31日(金)
●メニュー
  • 通勤ラン(往路のみ)
  • 4.3km、27分32秒(キロ6分24秒)
●メモ
  • 一昨日よりも腰回りが軽い。
  • タイムは変わらないが、今日の方が楽だった。
  • マラソンまであと2日。この分では調子良さそう。

30日(木)
●メニュー
  • 通勤ラン(復路のみ)
  • 3.8km、23分31秒(キロ6分11秒)
●メモ
  • 疲れが抜けてきたようだ。

29日(水)
●メニュー
  • 通勤ラン(往路のみ)
  • 4.3km、27分29秒(キロ6分23秒)
●メモ
  • 最速ではないが、ペースがだいぶ上がった。

28日(火)
●メニュー
  • 通勤ラン(往路:4.3km、復路:3.8km)
  • 8.1km、53分1秒(キロ6分33秒)
●メモ
  • 往路は昨日より調子がいいと思ったがタイムは変わらなかった。ハイキングシューズで走ったからかもしれない。
  • 復路は山道を結構歩いたせいか、いまいちだった。

27日(月)
●メニュー
  • 通勤ラン(往路:4.3km、復路:3.8km)
  • 8.1km、52分15秒(キロ6分27秒)
●メモ
  • 中3日の通勤ラン。昨日の水泳練習の疲労があるみたい。
  • 昨日、自転車でプールに行くときに、すごい発見があった。
  • 腰と臀部の筋肉の間付近を意識してひき足をし、逆の足で180度反対側に踏み込むとパワーが増大する。
  • この動作はランニングでも効果的で、この部分を意識してキックすると、なんかいい感じ。

26日(日)
●メニュー
  • サンシャインスポーツクラブで水泳練習
  • 板なしキック25m×10本(息継ぎ正面1、左呼吸2、右呼吸2)
  • サイドキック25m×10本(左2、右2、左右切り返し6)
  • 6ビート25m×10本(左呼吸5、右呼吸5)
  • 2ビート50m×5本、2ビート500m×1本
  • 1,500m、65分
●メモ
  • 金曜日は走っていくには荷物が多くなりすぎるので通勤ランは休みにした。
  • 土曜日は仕事のイベントで練習はお休み。
  • 昨日の仕事を終えて一山越えた。睡眠も十分で身体がだいぶ軽くなった。
  • 今日は平岸プールで大会開催のためサンシャインへ。
  • 相変わらず腰背部への意識の刷り込み。
  • サイドキックでの右向きへのローリングでは腰背部の右側への意識では足りず、腰背部全体を固めることとなった。
  • 2ビートでは、ローリングで腰背部を固めて軸を作るよりも、下側の肩と上側の腰背部をクロスする線を伸ばす意識を持つと、ローリングでの失速が抑えられた。腰が折れて脚全体が抵抗になっていたのかもしれない。

23日(木)
●メニュー
  • 通勤ラン(往路のみ)
  • 4.3km、28分41秒(キロ6分40秒)
●メモ
  • また飲み会なので往路のみ。
  • ようやく復調してきたが、睡眠不足で完全には戻らない。

22日(水)
●メニュー
  • 通勤ラン(往路:4.3km、復路:5.6km)
  • 9.2km、1時間3分47秒(キロ6分56秒)

●メモ

  • 朝起きた時は酒が残っていたので歩いて行くつもりだったが家を出る頃にはそれなりに回復したのでランニングに切り換えた。
  • しかし、酒の影響と日曜日の登山の疲労のため、昨日よりもペースが遅くなった。

21日(火)
●メニュー
  • 通勤ラン(往路のみ)
  • 4.3km、30分30秒(キロ7分6秒)
●メモ
  • 飲み会があるので往路のみ。
  • 疲れや筋肉疲労が抜けておらず調子が悪い。

20日(月)
●メニュー
  • 通勤ラン(復路のみ)
  • 5.6km、35分42秒(キロ6分23秒)
●メモ
  • 昨日の黄金山登山の下りで前腿をだいぶ踏ん張ったので、下り坂では脚が重い。

18日(土)
●メニュー
  • 札幌市平岸プールで水泳練習
  • 板なしキック50m×5本(息継ぎ正面1、左呼吸2、右呼吸2)
  • サイドキック25m×10本(左2、右2、左右切り返し6)
  • 6ビート25m×10本(左呼吸5、右呼吸5)
  • 2ビート50m×5本、2ビート500m×1本
  • 1,500m、70分
●メモ
  • 明日は用事があるので水泳練習を前倒し。
  • 土曜日は貸し切りレーンが設定されていて、今日は3レーンも設定されていて完泳コースが1コースのみ。
  • 最後の2ビート500mでは、高校生の速いビート板キックに追い立てられ、ロープの間近で泳いだ。
  • サイドキック以降では、やはり腰背部への意識が重要で、右にローリングするときは腰背部の右側をまっ平らにする意識がよかった。
  • 右向きのサイドキックも、サイドキックの右向きへの切り返しも、ずいぶんよくなった。

17日(金)
●メニュー
  • 通勤ラン(往路のみ)
  • 4.3km、27分7秒(キロ6分18秒)
●メモ
  • 昨日は弁当が荷物になかったのでペースが良かった面もあるが、今日は弁当があったのに、昨日よりペースが速い。
  • 金曜日効果かな。

16日(木)
●メニュー
  • 通勤ラン(往路:4.3km、復路:5.6km)
  • 9.9km、1時間0分53秒(キロ6分9秒)

●メモ

  • 鼠径部周辺の筋肉の動きが良くなった。疲れてたのかな。
  • 帰りも快調だった。

15日(水)
●メニュー
  • 通勤ラン(往路:4.3km、復路:5.6km)
  • 9.9km、1時間1分26秒(キロ6分12秒)

●メモ

  • 調子が上がっている。特に復路は身体が軽かった。

14日(火)
●メニュー
  • 通勤ラン(往路:4.3km、復路:5.6km)
  • 9.9km、1時間2分53秒(キロ6分21秒)

●メモ

  • 昨日よりも調子が良くなっているが、復路は筋肉痛を感じた。
  • それでもタイムはゴールデンウィーク前の状態に戻っていた。

13日(月)
●メニュー
  • 通勤ラン(復路のみ)
  • 5.6km、34分5秒(キロ6分5秒)
●メモ
  • 走り出して少し驚いた。
  • サイクリングの疲労がなく脚が軽い。
  • 風邪の影響もなくなったようだ。

12日(日)
●メニュー
  • 札幌市平岸プールで水泳練習
  • 板なしキック50m×5本(息継ぎ正面1、左呼吸2、右呼吸2)
  • サイドキック25m×10本(左2、右2、左右切り返し6)
  • 6ビート25m×10本(左呼吸5、右呼吸5)
  • 2ビート50m×5本、2ビート500m×1本
  • 1,500m、65分
●メモ
  • 腰背部を壁にする意識が効果を生んでいる。
  • サイドキックで左向きから始めたら、明らかに進みがいい。上側の足の第1指と第2指の根元の甲辺りで上気味に打っている
  • 右向きはというと左向きほどではないが進みが改善している。
  • 切り返しに移ってからは、右向いたときに失速することが分かり、原因は右側に反転するときに姿勢が崩れて腹落ち状態になっていたと思われる。
  • 右に反転すると同時に右腰を後ろに引くと失速が改善した。結局、腰背部を常に壁状態にしておくことが重要みたいだ。
  • 6ビートでも同じ要領で姿勢を作ると、前より良くなった気がする。左向きは自然にできているので、右向きの時だけ意識すればいい。
  • おかげで2ビートでも上手く泳げた。ただ、右足のハムストリングスが攣ってしまった。
  • ここが使えているのはいいことだが、多分昨日のサイクリングの疲労も原因だろう。

10日(金)
●メニュー
  • 通勤ラン(往路のみ)
  • 4.3km、29分15秒(キロ6分48秒)
●メモ
  • 徐々に調子が戻りつつある。

9日(木)
●メニュー
  • 通勤ラン(往路:4.3km、復路:3.8km)
  • 8.1km、54分20秒(キロ6分42秒)
●メモ
  • 夜中に急に汗が出て目が覚めたのでトイレに行き、その後寝たら身体がすっきりした。
  • ランニングも昨日より調子がいい。
  • 復調に向かっているようだ。

8日(水)
●メニュー
  • 通勤ラン(往路:4.3km、復路:3.8km)
  • 8.1km、56分23秒(キロ6分58秒)
●メモ
  • 昨日よりは体調はいいが、本調子ではない。
  • とにかくスローに努め、腰背部に壁を作る意識を徹底する。

7日(火)
●メニュー
  • 通勤ラン(復路のみ)
  • 3.5km、タイム不明
●メモ
  • 風邪の症状が出て4日しか経っておらず体調不良のためスロージョグで帰った。

2日(木)
●メニュー
  • 法政大学、相原、みなみ野ランニング
  • 14.8km、1時間31分30秒(キロ6分11秒)
●メモ
  • 昨日水泳に行く時は前日のランニングの疲労がひどかったが、昨日の水泳で疲労が抜けたのか、今日は調子がいい。
  • 気の趣くままに走ったら景色のいいところに行くことができた。

1日(水)
●メニュー
  • さがみはらグリーンプールで水泳練習
  • 2ビート300m×1本、休憩10分、2ビート1,000m×1本
  • 板なしキック25m×4本(息継ぎ正面2、左呼吸1、右呼吸1)
  • サイドキック25m×4本(左1、右1、左右切り返し2)
  • 6ビート25m×4本(左呼吸2、右呼吸2)
  • 2ビート50m×1本
  • 1,650m、70分
●メモ
  • 10時40分から泳ぎ始めるが、11時から4つのレーンが貸切となるので2ビートから入ったら、10分泳いだところで休憩となった。ここは毎時10分の休憩が入るようだ。
  • 休憩の後は回泳エリア(2レーン分)が1つ設定されることがわかり、久し振りに1,000m泳ぐことにする。
  • 平泳ぎの人に抜かされそうになったのでペースアップしたらこれが仇となった。呼吸が上がり結局コースを譲ることとなった。
  • 呼吸側か反呼吸側かわからないが、切り返すときに失速しているような気がする。ローリングが大きかったからかもしれない。
  • 呼吸側の入水を素早く深くするとマシになった気がするが、最後の50mでローリングを浅くしたら改善した気がする。このほうがキックも打ちやすいし。


プロフィール

sato

 キャノンボール(東京→大阪)にチャレンジしようと思ったのが、このブログを始めるきっかけです。
 このプロフィール画像は、キャノンボール初級編(名古屋→東京)の道中、箱根峠にて。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ